Status of this mockup

Principle 1 – 1 知覚可能

情報及びユーザインタフェース コンポーネントは、利用者が知覚できる方法で利用者に提示可能でなければならない。

Guideline 1.1 – テキストによる代替

すべての非テキストコンテンツには、拡大印刷、点字、音声、シンボル、平易な言葉などの利用者が必要とする形式に変換できるように、テキストによる代替を提供すること。
Advisory Techniques
  • 音声しか含まないファイルに手話ビデオを提供する (future link)

1.1.1 非テキストコンテンツ

Level A

利用者に提示されるすべての非テキストコンテンツには、同等の目的を果たすテキストによる代替が提供されている。


  • コントロール、入力: 非テキストコンテンツが、コントロール又は利用者の入力を受け付けるものであるとき、その目的を説明する名前 (name) を提供している。(コントロール及び利用者の入力を受け入れるコンテンツに関するその他の要件は、ガイドライン 4.1を参照。)

  • 時間依存メディア: 非テキストコンテンツが、時間に依存したメディアであるとき、テキストによる代替は、少なくとも、その非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。(メディアに関するその他の要件は、ガイドライン 1.2を参照。)

  • テスト: 非テキストコンテンツが、テキストで提示されると無効になるテスト又は演習のとき、テキストによる代替は、少なくともその非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。

  • 感覚的: 非テキストコンテンツが、特定の感覚的体験を創り出すことを主に意図しているとき、テキストによる代替は、少なくともその非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。

  • CAPTCHA: 非テキストコンテンツが、コンピュータではなく人間がコンテンツにアクセスしていることを確認する目的で用いられているとき、テキストによる代替は、その非テキストコンテンツの目的を特定し、説明している。なおかつ、他の感覚による知覚に対応して出力する CAPTCHA の代替形式を提供することで、様々な障害に対応している。

  • 装飾、整形、非表示: 非テキストコンテンツが、純粋な装飾である、見た目の整形のためだけに用いられている、又は利用者に提供されるものではないとき、支援技術が無視できるように実装されている。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

状況 A: 短い説明によって、非テキストコンテンツと同じ目的を果たし、同じ情報を提示できる場合:
状況 B: 短い説明によって、非テキストコンテンツと同じ目的を果たし、同じ情報を提示できない場合(例: チャート又はダイアグラム):
状況 C: 非テキストコンテンツがコントロールである、又は利用者の入力を受け入れる場合:
状況 D: 非テキストコンテンツが時間の経過に伴って変化するメディアである(ライブの映像しか含まないコンテンツ及びライブの音声しか含まないコンテンツを含む)、テキストで提示されると無効になる試験又は演習である、又は、特定の感覚的体験を創り出すことを主に意図しているコンテンツである場合:
状況 F: 非テキストコンテンツを支援技術が無視するようにしなければならない場合:
Advisory Techniques
非テキストコンテンツ でさらに対応が望まれる達成方法(参考)
  • 参考情報の非テキストコンテンツを識別する (future link)
  • 簡潔な説明を短く保つ (future link)
  • テキストを含む画像を説明する (future link)
  • 上に挙げる長い説明のためのウェブコンテンツ技術特有の達成方法(アクセシビリティ・サポーテッドなコンテンツ技術)を用いて、説明のラベルが求められるところだけで、非テキストコンテンツのより長い説明を提供する (future link)
  • 非テキストコンテンツが等価でアクセシブルな代替が無い場合、大きさの異なる非テキストコンテンツを提供する (future link)
  • 画像化された文字の大きさを変えるサーバーサイドのスクリプトを使う (future link)
ライブの非テキストコンテンツに関する一般的な達成方法(参考)
  • 同程度の情報を提供するテキスト情報(例えば、交通のウェブカメラに対して、自治体の提供するテキストの交通情報へのリンク)にリンクする (future link)
CAPTCHAの障壁を最小化する一般的な達成方法
  • CAPTCHAを3つ以上の感覚モダリティで提供する (future link)
  • CAPTCHA を使用しないでもすむように、カスタマーサービスの担当者に連絡できるようにする (future link)
  • 許可した利用者には CAPTCHA を要求しない (future link)
HTMLの達成方法(参考)
  • H46: embed 要素と一緒に noembed 要素を用いる
  • フレームをサポートしないブラウザのために作成する (future link)
  • iframe要素の代替コンテンツを提供する (future link)
  • iframe要素の長い説明を使わない (future link)
  • クライアントサイドイメージマップのために冗長なテキストリンクを提供する (future link)
CSSの達成方法(参考)
WAI-ARIAの達成方法(参考)
  • 表現のためだけの要素を示すためにARIA表示を使う (future link)
メタデータの達成方法(参考
  • テキストトランスクリプションと映像を関連付けるためにメタデータを使う (future link)
  • テキストトランスクリプションと音声しか含まないコンテンツを関連付けるためにメタデータを使う (future link) using one of the following techniques:
    • 事例:メタデータの中で、音声ガイドと映像のテキスト記述を指し示すURIを提供する (future link)
    • 事例:メタデータの中で、音声ファイルのいくつかのテキスト記述(英語、フランス語、ドイツ語)を指し示すURIを提供する (future link)
Failures

Guideline 1.2 – 時間依存メディア

時間依存メディアには代替コンテンツを提供すること。

1.2.1 音声のみ及び映像のみ (収録済)

Level A

収録済の音声しか含まないメディア及び収録済の映像しか含まないメディアは、次の事項を満たしている。ただし、その音声又は映像がメディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされている場合は除く:


  • 収録済の音声しか含まない: 時間依存メディアに対する代替コンテンツによって、収録済の音声しか含まないコンテンツと同等の情報を提供している。

  • 収録済の映像しか含まない: 時間依存メディアに対する代替コンテンツ又は音声トラックによって、収録済の映像しか含まないコンテンツと同等の情報を提供している。

Advisory Techniques
  • H96: 音声解説を提供するために、track 要素を使用する
  • 事後に、ライブの音声しか含まないプレゼンテーションの書き起こしテキストを提供する (future link)
  • 同程度の情報を提供するテキスト情報(例えば、交通のウェブカメラに対して、自治体の提供するテキストの交通情報へのリンク)にリンクする (future link)

1.2.2 キャプション (収録済)

Level A

同期したメディアに含まれているすべての収録済の音声コンテンツに対して、キャプションが提供されている。ただし、その同期したメディアがメディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされている場合は除く。

Advisory Techniques
  • 映像しか含まないクリップに対して、「このクリップには音は使われていません」というノートを提供する (future link)
  • オーディオトラックのすべての言語のキャプションを提供するためにSMIL 1.0を使う (future link)
  • オーディオトラックのすべての言語のキャプションを提供するためにSMIL 2.0を使う (future link)

1.2.3 音声解説、又はメディアに対する代替 (収録済)

Level A

同期したメディアに含まれている収録済の映像コンテンツに対して、時間依存メディアに対する代替コンテンツ又は音声解説が提供されている。ただし、その同期したメディアがメディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされている場合は除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

1.2.4 キャプション (ライブ)

Level AA

同期したメディアに含まれているすべてのライブの音声コンテンツに対してキャプションが提供されている。

1.2.5 音声解説 (収録済)

Level AA

同期したメディアに含まれているすべての収録済の映像コンテンツに対して、音声解説が提供されている。

Advisory Techniques

1.2.6 手話 (収録済)

Level AAA

同期したメディアに含まれているすべての収録済の音声コンテンツに対して、手話通訳が提供されている。

Advisory Techniques
メタデータの達成方法
  • メタデータを使って映像の代替である手話を対応付け、手話の選択ができるようにする (future link) using one of the following techniques:
    • 事例:ウェブページの様々な英国式の手話通訳(ASL, SASL, BSL, Auslan, ISL, NZSL)を指し示すURIを、メタデータの中で、提供する (future link)

1.2.7 拡張音声解説 (収録済)

Level AAA

前景音の合間が、音声解説で映像の意味を伝達するのに不十分な場合、同期したメディアに含まれているすべての収録済の映像コンテンツに対して、拡張音声解説が提供されている。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

1.2.8 メディアに対する代替 (収録済)

Level AAA

すべての収録済の同期したメディア及びすべての収録済の映像しか含まないメディアに対して、時間依存メディアに対する代替コンテンツが提供されている。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

1.2.9 音声のみ (ライブ)

Level AAA

ライブの音声しか含まないコンテンツに対して、それと同等の情報を提示する、時間依存メディアの代替コンテンツが提供されている。

Advisory Techniques
  • テキストトランスクリプションと音声しか含まないコンテンツを関連付けるためにメタデータを使う (future link) using one of the following techniques:
    • 事例: 音声ファイルの様々な書き起こしテキスト(英語、フランス語、ドイツ語)を指し示すURIを、メタデータの中で、提供する。

Guideline 1.3 – 適応可能

情報、及び構造を損なうことなく、様々な方法 (例えば、よりシンプルなレイアウト) で提供できるようにコンテンツを制作すること。

1.3.1 情報及び関係性

Level A

何らかの形で提示されている情報、 構造、及び関係性は、プログラムによる解釈が可能である、又はテキストで提供されている。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

状況 A: ウェブコンテンツ技術が、表現によって伝えている情報及び関係性をプログラムが解釈可能にするセマンテックな構造を提供している場合:
状況 B: ウェブコンテンツ技術が、表現によって伝えている情報及び関係性をプログラムが解釈可能にするセマンテックな構造を提供していない場合:
Failures

1.3.2 意味のある順序

Level A

コンテンツが提示されている順序が意味に影響を及ぼす場合には、正しく読む順序はプログラムによる解釈が可能である。

Advisory Techniques
  • 左から右へ書き綴る言語は左寄せを使い、右から左へ書き綴る言語は右寄せを用いる (future link)
  • 線形化された描画のリンクを提供する (future link)
  • 表現順序に影響するスタイルシートの切替を提供する (future link)

1.3.3 感覚的な特徴

Level A

コンテンツを理解し操作するための説明は、形、大きさ、視覚的な位置、方向、又は音のような、構成要素が持つ感覚的な特徴だけに依存していない。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • デザイン的にグラフィカルな表現だが異なる意味を持つUnicodeフォントの代わりにグラフィカルなシンボルとして代替えテキストのある画像を用いる (future link)

Guideline 1.4 – 判別可能

コンテンツを、利用者にとって見やすく、聞きやすいものにすること。これには、前景と背景を区別することも含む。
Advisory Techniques
  • 読みやすいフォントを用いる( (future link)
  • 画像化されたテキストが、少なくとも14ポイント以上で、十分なコントラストを持つか確認する (future link)
  • リンク又はコントロールがキーボードのフォーカスを受けるとき、可視的なメカニズムを提供する (future link)

1.4.1 色の使用

Level A

色が、情報を伝える、動作を示す、反応を促す、又は視覚的な要素を判別するための唯一の視覚的手段になっていない。

1.4.2 音声の制御

Level A

ウェブページ上にある音声が自動的に再生され、3秒より長く続く場合、その音声を一時停止又は停止するメカニズム、もしくはシステム全体の音量レベルに影響を与えずに音量レベルを調整できるメカニズムが利用できる。

1.4.3 コントラスト (最低限)

Level AA

テキスト及び文字画像の視覚的提示に、少なくとも 4.5:1 のコントラスト比がある。ただし、次の場合は除く:


  • 大きな文字: サイズの大きなテキスト及びサイズの大きな文字画像に、少なくとも 3:1 のコントラスト比がある。

  • 付随的: テキスト又は文字画像において、次の場合はコントラストの要件はない。アクティブではないユーザインタフェース コンポーネントの一部である、純粋な装飾である、誰も視覚的に確認できない、又は重要な他の視覚的なコンテンツを含む写真の一部分である。

  • ロゴタイプ: ロゴ又はブランド名の一部である文字には、最低限のコントラストの要件はない。

Advisory Techniques
  • G156: 一般に入手可能なユーザエージェントで、テキストのブロックの前景及び背景を変更できるウェブコンテンツ技術を使用する
  • 模様のついた背景色にテキストを重ねるためにより高いコントラストの値を用いる (future link)
  • 画像化された文字の代わりにUnicodeテキストとスタイルシートを用いる (future link)
  • 図表の線に、より高いコントラストの値を用いる (future link)
  • 赤と黒の組み合わせによる文字と背景色には、さらに大きなコントラストレベルを用いる (future link)
  • 主に中間のスペクトル要素からなる明るい要素とスペクトルの両端(青と赤の波長)からなる暗い要素で構成された色を用いる (future link)
  • 両端のコントラストではなく黒文字に白の背景よりも明るいパステルの背景色を用いる (future link)
  • テキストのコントラストを満たしているシンプルな線で描かれたアイコンを使う (future link)
  • グラフやチャートに十分なコントラストを提供する (future link)
  • デフォルトの表現に3:1のコントラスト比又はそれ以上を用いる (future link)
  • 空のテキストフィールドに十分な色のコントラストを提供する (future link)

1.4.4 テキストのサイズ変更

Level AA

キャプション及び文字画像を除き、テキストは、コンテンツ又は機能を損なうことなく、支援技術なしで 200% までサイズ変更できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

1.4.5 文字画像

Level AA

使用している技術で意図した視覚的提示が可能である場合、文字画像ではなくテキストが情報伝達に用いられている。ただし、次に挙げる場合を除く:


  • カスタマイズ可能: 文字画像は、利用者の要求に応じた視覚的なカスタマイズができる。

  • 必要不可欠: テキストの特定の表現が、伝えようとする情報にとって必要不可欠である。

1.4.6 コントラスト (高度)

Level AAA

テキスト及び文字画像の視覚的提示に、少なくとも 7:1 のコントラスト比がある。ただし、次の場合は除く:


  • 大きな文字: サイズの大きなテキスト及びサイズの大きな文字画像に、少なくとも 4.5:1 のコントラスト比がある。

  • 付随的: テキスト又は文字画像において、次の場合はコントラストの要件はない。アクティブではないユーザインタフェース コンポーネントの一部である、純粋な装飾である、誰も視覚的に確認できない、又は重要な他の視覚的なコンテンツを含む写真の一部分である。

  • ロゴタイプ: ロゴ又はブランド名の一部である文字には、最低限のコントラストの要件はない。

Advisory Techniques
  • G156: 一般に入手可能なユーザエージェントで、テキストのブロックの前景及び背景を変更できるウェブコンテンツ技術を使用する
  • 模様のついた背景色にテキストを重ねるためにより高いコントラストの値を用いる (future link)
  • 画像化された文字の代わりにUnicodeテキストとスタイルシートを用いる (future link)
  • 図表の線に、より高いコントラストの値を用いる (future link)
  • 赤と黒の組み合わせによる文字と背景色には、さらに大きなコントラストレベルを用いる (future link)
  • 主に中間のスペクトル要素からなる明るい要素とスペクトルの両端(青と赤の波長)からなる暗い要素で構成された色を用いる (future link)
  • 両端のコントラストではなく黒文字に白の背景よりも明るいパステルの背景色を用いる (future link)
  • テキストのコントラストを満たしているシンプルな線で描かれたアイコンを使う (future link)
  • グラフやチャートに十分なコントラストを提供する (future link)
  • デフォルトの表現に3:1のコントラスト比又はそれ以上を用いる (future link)
  • 空のテキストフィールドに十分な色のコントラストを提供する (future link)

1.4.7 小さな背景音、又は背景音なし

Level AAA

収録済の音声しか含まないコンテンツで、(1) 前景に主として発話を含み、(2) 音声CAPTCHA 又は音声ロゴではなく、かつ、(3) 例えば、歌やラップなどのように、主として音楽表現を意図した発声ではないものについては、次に挙げる事項のうち、少なくとも一つを満たしている:


  • 背景音なし: 音声は背景音を含まない。

  • 消音: 背景音を消すことができる。

  • 20デシベル: 背景音は、前景にある発話のコンテンツより少なくとも20デシベルは低い。ただし、継続時間が2秒以内で発生頻度が低い背景音は除く。

Advisory Techniques
  • 前景音と背景音のレベルを独立して調節できる方法を提供する (future link)
  • 発話より少なくとも20デシベル低い背景音を含む同期したメディアに対して、音声トラックを提供する (future link)

1.4.8 視覚的提示

Level AAA

テキストブロックの視覚的提示において、次を実現するメカニズムが利用できる:


  1. 利用者が、前景色と背景色を選択できる。

  2. 幅が80字を越えない (全角文字の場合は、40字)。

  3. テキストが、均等割り付けされていない (両端揃えではない)。

  4. 段落中の行送りは、少なくとも1.5文字分ある。そして、段落の間隔は、その行送りの少なくとも1.5倍以上ある。

  5. テキストは、支援技術なしで200%までサイズ変更でき、利用者が全画面表示にしたウィンドウで1行のテキストを読むときに横スクロールする必要がない。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

要件 4: 段落内の行送り幅(行間隔)が少なくとも1.5文字分、及び段落の間隔がその行送り幅の少なくとも1.5倍になるようにする達成方法
Fifth Requirement: テキストは、支援技術なしで200%までサイズ変更でき、利用者が全画面表示にしたウィンドウで1行のテキストを読むときに横スクロールする必要がない
Advisory Techniques
  • パラグラフ、リスト又はテーブルセルをハイライトするのにHover効果を用いる (CSS) (future link)
  • sans serif フォント又はそれを達成できるメカニズムを提供する(CSS) (future link)
  • インラインリストよりもリスト(ビュレット又は番号順)を用いる (future link)
  • テキスト言語の綴りの慣習に従って上付又は下付を用いる (future link)
  • デフォルトで大きなフォントを提供する (future link)
  • ビットマップ(ラスター画像)の文字の利用を避ける (future link)
  • ユーザエージェントのデフォルトよりも小さなサイズのフォント尺度を使わない (future link)
  • 十分なスペースを持った行間を提供する (future link)
  • 中心揃えの文字を使わない (future link)
  • イタリックテキストをたくさんを使わない (future link)
  • 個々のページやサイト内で異なるスタイルを乱用しない (future link)
  • 視覚的に異なるリンクを用いる (future link)
  • 拡張的なビュレットを提供する (future link)
  • ビュレットポイントを見せる又は隠す (future link)
  • 文の後はemスペース又は2スペースをあてる (future link)

1.4.9 文字画像 (例外なし)

Level AAA

文字画像は、純粋な装飾に用いられているか、テキストの特定の表現が伝えようとする情報にとって必要不可欠である場合に用いられている。

Principle 2 – 操作可能

ユーザインタフェース コンポーネント及びナビゲーションは操作可能でなければならない。

Guideline 2.1 – キーボード操作可能

すべての機能をキーボードから利用できるようにすること。

2.1.1 キーボード

Level A

コンテンツのすべての機能は、個々のキーストロークに特定のタイミングを要することなく、キーボードインタフェースを通じて操作可能である。ただし、その根本的な機能が利用者の動作による始点から終点まで続く一連の軌跡に依存して実現されている場合は除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • インタラクティブなユーザインタフェース・コンポーネントとして静的な要素に再度目的を持たせる場合、XHTMLの役割、状態、及び値の属性を使用する (future link) AND SCR29: 静的なHTML要素にキーボード操作可能なアクションを追加する
  • 重要なリンク及びフォームのコントロールへのキーボード・ショートカットを提供する (future link)
  • 一覧表の各項目を始めるために固有の文字の組合せを使用する (future link)
  • もっとも抽象的なイベント・ハンドラを選択する (Scripting) (future link)
  • OnActivateイベントを使用する (Scripting) (future link)
  • 他の目的で、一般的なユーザエージェントのキーボード・コマンドの使用を避ける (future link)

2.1.2 キーボードトラップなし

Level A

キーボードインタフェースを用いてキーボードフォーカスをそのウェブページのあるコンポーネントに移動できる場合、キーボードインタフェースだけを用いてそのコンポーネントからフォーカスを外すことが可能である。さらに、修飾キーを伴わない矢印キー、 Tab キー、又はフォーカスを外すその他の標準的な方法でフォーカスを外せない場合は、フォーカスを外す方法が利用者に通知される。

2.1.3 キーボード (例外なし)

Level AAA

コンテンツのすべての機能は、個々のキーストロークに特定のタイミングを要することなく、キーボードインタフェースを通じて操作可能である。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

  • この達成基準には、特に追加された達成方法があるわけではない。達成基準 2.1.1 の達成方法を参照のこと。アナログで時間の経過に依存した入力があるためにその達成方法が不可能な場合は、このレベル AAA の達成基準に適合することはできない。

Guideline 2.2 – 十分な時間

利用者がコンテンツを読み、使用するために十分な時間を提供すること。

2.2.1 タイミング調整可能

Level A

コンテンツに制限時間を設定する場合は、次に挙げる事項のうち、少なくとも一つを満たしている


  • 解除: 制限時間があるコンテンツを利用する前に、利用者がその制限時間を解除することができる。又は、

  • 調整: 制限時間があるコンテンツを利用する前に、利用者が少なくともデフォルト設定の10倍を超える、大幅な制限時間の調整をすることができる。又は、

  • 延長: 時間切れになる前に利用者に警告し、かつ少なくとも20秒間の猶予をもって、例えば「スペースキーを押す」などの簡単な操作により、利用者が制限時間を少なくとも10倍以上延長することができる。又は、

  • リアルタイムの例外: リアルタイムのイベント (例えば、オークション) において制限時間が必須の要素で、その制限時間に代わる手段が存在しない。又は、

  • 必要不可欠な例外: 制限時間が必要不可欠なもので、制限時間を延長することがコンテンツの動作を無効にすることになる。又は、

  • 2020時間の例外: 制限時間が20時間よりも長い。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • 制限時間がある場合、サーバーに問いかけるためにスクリプトを使用し、利用者に通知する (Scripting) (future link)
  • 利用者の注意を集中させるために音を使用する (future link)

2.2.2 一時停止、停止、非表示

Level A

動きのある、点滅している、スクロールする、又は自動更新する情報は、次のすべての事項を満たしている


  • 動き、点滅、スクロール: 動きのある、点滅している、又はスクロールしている情報が、(1) 自動的に開始し、(2) 5秒よりも長く継続し、かつ、(3) その他のコンテンツと並行して提示される場合、利用者がそれらを一時停止、停止、又は非表示にすることのできるメカニズムがある。ただし、その動き、点滅、又はスクロールが必要不可欠な動作の一部である場合は除く。

  • 自動更新: 自動更新する情報が、(1) 自動的に開始し、 (2) その他のコンテンツと並行して提示される場合、利用者がそれを一時停止、停止、もしくは非表示にする、又はその更新頻度を調整することのできるメカニズムがある。ただし、その自動更新が必要不可欠な動作の一部である場合は除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • ウェブページ内で点滅するすべてのコンテンツを止めるメカニズムを提供する (future link)
  • 5秒以内に自動的に止まるとしても、利用者が動きのあるコンテンツを止めるための手段を提供する (future link)

2.2.3 タイミング非依存

Level AAA

タイミングは、コンテンツによって提示されるイベント又は動作の必要不可欠な部分ではない。ただし、インタラクティブではない同期したメディア及び リアルタイムのイベントは除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

2.2.4 割り込み

Level AAA

割り込みは、利用者が延期、又は抑制することができる。ただし、緊急を要する割り込みは除く。

2.2.5 再認証

Level AAA

認証済のセッションが切れた場合は、再認証後でもデータを失うことなく利用者が操作を継続できる。

Guideline 2.3 – 発作の防止

発作を引き起こすようなコンテンツを設計しないこと。
Advisory Techniques
  • コンテンツは空間分布の閾値を超えないように注意する (future link)

2.3.1 3回の閃光、又は閾値以下

Level A

ウェブページには、どの1秒間においても3回を超える閃光を放つものがない、又は閃光が一般閃光閾値及び赤色閃光閾値を下回っている。

Advisory Techniques
  • 閃光を放つあらゆるコンテンツに対してコントラストを下げる (future link)
  • 閃光を放つあらゆるコンテンツに対して赤色閃光閾値を完全に避ける (future link)
  • 閾値を超えていなかったとしても、閃光の数を減少させる (future link)
  • 閃光を放ち始める前に、閃光を放つあらゆるコンテンツを抑制するメカニズムを提供する (future link)
  • (フラッシュバルブのような)素早い閃光を避けるためにライブの素材は速度を落とす (future link)
  • 1秒間に3回の閃光が検出される場合、一時的に画像を静止させる (future link)
  • 1秒間に3回の閃光が検出される場合、コントラスト比を落とす (future link)
  • 利用者が閃光の速度制限を任意に設定できるようにする (future link)

2.3.2 3回の閃光

Level AAA

ウェブページには、どの1秒間においても3回を超える閃光を放つものがない。

Advisory Techniques
  • 閃光を放つあらゆるコンテンツに対してコントラストを下げる (future link)
  • 閃光を放つあらゆるコンテンツに対して赤色閃光閾値を完全に避ける (future link)
  • 閾値を超えていなかったとしても、閃光の数を減少させる (future link)
  • (フラッシュバルブのような)素早い閃光を避けるためにライブの素材は速度を落とす (future link)
  • 1秒間に3回の閃光が検出される場合、一時的に画像を静止させる (future link)
  • 1秒間に3回の閃光が検出される場合、コントラスト比を落とす (future link)
利用者がナビゲートしたり、コンテンツを探し出したり、現在位置を確認したりすることを手助けする手段を提供すること。
Advisory Techniques
  • 1ページあたりのリンクの数を限定する (future link)
  • ウェブページのコンテンツの異なるセクションにナビゲートするメカニズムを提供する (future link)
  • 視覚的に異なるリンクを用いる (future link)
  • 検索ワードをハイライト表示する (future link)

Principle 3 – 理解可能

情報及びユーザインタフェースの操作は理解可能でなければならない。

Guideline 3.1 – 読みやすさ

テキストのコンテンツを読みやすく理解可能にすること。
Advisory Techniques
  • ページ中のコンテンツのうち、制作者が制御できないソースに基づくものについて、そのコンテンツに関する情報を提供する (future link)
  • すべてのコンテンツは、手話による通訳を提供する (future link)
  • そのコンテンツに対して適切な、最も明解で単純な表現を用いる (future link)
  • 中心揃えの文字を使わない (future link)
  • 単語間やも文字間の空白に影響を与える、テキストの均等割り付けを行わない (future link)
  • 左から右へ書き綴る言語は左寄せを使い、右から左へ書き綴る言語は右寄せを用いる (future link)
  • テキストのコラム幅を制限する (future link)
  • イタリックテキストをたくさんを使わない (future link)
  • 個々のページやサイト内で異なるスタイルを乱用しない (future link)
  • 視覚的に異なるリンクを用いる (future link)
  • 画像、イラスト、動画、音声、シンボルなどを用いてコンテンツの意味を明確にする (future link)
  • 現実的な例を示して、コンテンツの意味を明確にする (future link)
  • 黒のテキストに白の背景色を用いるのではなく、明るいパステル・カラーを背景色に用いる (future link)
  • 必要性がない特殊なインタフェース・コントロールを用いない (future link)
  • その原語におけるスペリングの規則に従って、適切な形で大文字と小文字を使い分ける (future link)
  • 一般的ではない外来語の使用を避ける (future link)
  • コンテンツを利用するのに理解が不可欠な情報、アイデア及びプロセスの手話バージョンを提供する (future link)
  • ウェブページ上の特定の場所を参照している場合、その場所へのリンクを提供する (future link)
  • 見出しやタイトルを参照する場合、完全なタイトルを含むようにする (future link)
  • 管理者への連絡方法を含む、ウェブページ一式に関する基本的な情報について、容易に読めるバージョンを提供する (future link)
  • 管理者への連絡方法を含む、ウェブページ一式に関する基本的な情報について、手話バージョンを提供する (future link)

3.1.1 ページの言語

Level A

それぞれのウェブページのデフォルトの自然言語がどの言語であるか、プログラムによる解釈が可能である。

3.1.2 一部分の言語

Level AA

コンテンツの一節、又は語句それぞれの自然言語がどの言語であるか、プログラムによる解釈が可能である。ただし、固有名詞、技術用語、言語が不明な語句、及びすぐ前後にあるテキストの言語の一部になっている単語又は語句は除く。

Advisory Techniques
  • SL27: Using Language/Culture Properties as Exposed by Silverlight Applications and Assistive Technologies
  • そのウェブページのデフォルトの自然言語とは異なる言語で記述されているテキストを視覚的に区別できるようにする (future link)
  • 外国語で記述された節や語句で用いられているすべての原語の名前を表示する (future link)
  • 固有名詞の原語をマークアップして、スクリーンリーダが正しく発音できるようにする (future link)

3.1.3 一般的ではない用語

Level AAA

慣用句及び専門用語を含めて、一般的ではない、又は限定された用法で使われている単語、又は語句の、明確な定義を特定するメカニズムが利用できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • 特殊な意味を持つ言葉を利用者が認識できるようなマークアップや視覚的フォーマットを行う (future link)
  • 音声で検索できる辞書を提供し、キーボードの操作や単語を綴ることが難しい利用者が発声することで言葉の意味を検索できるようにする (future link)
  • 手話による辞書を提供し、聴覚障害者による言葉の意味の検索を支援する (future link)
  • テキストコンテンツ中のすべての言葉の定義を検索できるようなメカニズムを提供する (future link)
  • テキストコンテンツ中のすべての単語や語句について、その意味を判断するためのメカニズムを提供する (future link)
  • 一般的ではない外来語の使用を避ける (future link)
  • 一連の辞書をカスケード式に表示して意味を提供する (future link)

3.1.4 略語

Level AAA

略語の元の語、又は意味を特定するメカニズムが利用できる。

Advisory Techniques
  • そのウェブページ上で一意な略語を用いる (future link)
  • 利用者が略語を認識しやすいような視覚的フォーマットを用いる (future link)
  • 音声読み上げ機能がある辞書の利用を可能にし、表示された文字情報を復号化することが困難な利用者を支援する (future link)
  • 音声で検索できる辞書を提供し、キーボードの操作や単語を綴ることが難しい利用者が発声することで言葉の意味を検索できるようにする (future link)

3.1.5 読解レベル

Level AAA

固有名詞や題名を取り除いた状態で、テキストが前期中等教育レベルを超えた読解力を必要とする場合は、補足コンテンツ又は前期中等教育レベルを超えた読解力を必要としない版が利用できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

  • Note: Different sites may address this Success Criterion in different ways. An audio version of the content may be helpful to some users. For some people who are deaf, a sign language version of the page may be easier to understand than a written language version since sign language may be their first language. Some sites may decide to do both or other combinations. No technique will help all users who have difficulty. So different techniques are provided as sufficient techniques here for authors trying to make their sites more accessible. Any numbered technique or combination above can be used by a particular site and it is considered sufficient by the Working Group.
Advisory Techniques
  • 前期中等教育レベル以上の読解力を必要としないテキストを用いて、ナビゲーション用のページとランディングページを提供する (future link)
  • 前期中等教育レベル以上の読解力を必要としないテキストを用いて、サイト内のページを提供する (future link)
  • コンテンツの概要をメタデータの一部とし提供する (future link)
  • そのコンテンツに対して適切な、最も明解で単純な表現を用いる (future link)
  • RDFを用いて、補足的コンテンツと主たるコンテンツに関連づける (future link)
  • サイトのホームページにそのサイトを表す分かりやすい画像を掲載する (future link)
  • 読みやすいように最適化されたコンテンツであることが分かるように、テキストやアイコンを用いて明示する (future link)
  • 冗長な単語の使い方、すなわち文の意味を変えない異なる単語を用いないで文を構成する (future link)
  • 二つより多い接続詞を含む文を使わない (future link)
  • 中等教育レベルで一般的に容認されている長さを超えない文を用いる(注記: 英語では 25 ワードである) (future link)
  • 複雑な単語又は語句で、より一般的な言葉で置き換えても文の意味が変わらない場合、複雑な単語や語句を含まない文を用いる (future link)
  • テキストの複数の章や節の概要を提供する (future link)
  • メタデータを用いて、異なる読解力を想定して作られた代替コンテンツを関連づける (future link)
  • ダブリン・コアのアクセシビリティ要素を用いて、テキストコンテンツとテキスト、グラフィック、音声版の補足的コンテンツを関連づける (future link)
  • ISO AFA のアクセシビリティ要素を用いて、テキストコンテンツとテキスト、グラフィック、音声版の補足的コンテンツを関連づける (future link)
  • IMS のアクセシビリティ要素を用いて、テキストコンテンツとテキスト、グラフィック、音声版の補足的コンテンツを関連づける (future link)
  • メタデータを利用者に見えるようにする (future link) using one of the following techniques:
    • 事例:新しい科学的発見に関する高等レベルの記事の初頭レベル以下及び初頭レベルの版へのURIをメタデータとして提供する (future link)
  • サイトとページのコンテンツに進展する複雑性を与える (future link)

3.1.6 発音

Level AAA

文脈において、発音が分からないと単語の意味が不明瞭になる場合、その単語の明確な発音を特定するメカニズムが利用できる。

Advisory Techniques
  • 利用者が単語の発音を聴くことができるように、発音を音声ファイルで提供する (future link)
  • テキスト・コンテンツ中で用いられているすべての外国語の発音の発音を確認するメカニズムを提供する (future link)
  • テキスト・コンテンツ中のすべての単語又は語句の発音を確認するメカニズムを提供する (future link)

Guideline 3.2 – 予測可能

ウェブページの表示や挙動を予測可能にすること。
Advisory Techniques
  • ラベルを配置して、関係性を最大限に予測できるようにする (future link)

3.2.1 フォーカス時

Level A

いずれのコンポーネントも、フォーカスを受け取ったときに コンテキストの変化を引き起こさない。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

  • Note: A change of content is not always a change of context. This success criterion is automatically met if changes in content are not also changes of context.
Advisory Techniques

3.2.2 入力時

Level A

ユーザインタフェース コンポーネント の設定を変更することが、コンテキストの変化を自動的に引き起こさない。ただし、利用者が使用する前にその挙動を知らせてある場合を除く。

3.2.3 一貫したナビゲーション:

Level AA

ウェブページ一式の中にある複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズムは、繰り返されるたびに 相対的に同じ順序で出現する。ただし、利用者が変更した場合は除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

3.2.4 一貫した識別性

Level AA

ウェブページ一式の中で同じ機能を有するコンポーネントは、一貫して識別できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

  • Note 1: Text alternatives that are “consistent” are not always “identical.” For instance, you may have an graphical arrow at the bottom of a Web page that links to the next Web page. The text alternative may say “Go to page 4.” Naturally, it would not be appropriate to repeat this exact text alternative on the next Web page. It would be more appropriate to say “Go to page 5”. Although these text alternatives would not be identical, they would be consistent, and therefore would satisfy this Success Criterion.
  • Note 2: A single non-text-content-item may be used to serve different functions. In such cases, different text alternatives are necessary and should be used. Examples can be commonly found with the use of icons such as check marks, cross marks, and traffic signs. Their functions can be different depending on the context of the Web page. A check mark icon may function as “approved”, “completed”, or “included”, to name a few, depending on the situation. Using “check mark” as text alternative across all Web pages does not help users understand the function of the icon. Different text alternatives can be used when the same non-text content serves multiple functions.
Advisory Techniques
  • コンポーネントの機能及びそのコンポーネントを利用者が実行したときに何が起こるかが確実に分かるような代替テキストを用いる (future link)
  • 可能な限り、特定の機能を表す非テキストコンテンツは同じものにする (future link)

3.2.5 要求による変化

Level AAA

コンテキストの変化は利用者の要求によってだけ生じるか、又は、そのような変化を止めるメカニズムが利用できる。

Advisory Techniques

Guideline 3.3 – 入力支援

利用者の間違いを防ぎ、修正を支援すること。
Advisory Techniques
  • 追加のフォームフィールドを隠しておく (future link)

3.3.1 エラーの特定

Level A

入力エラーが自動的に検出された場合は、エラーとなっている箇所が特定され、そのエラーが利用者にテキストで説明される。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques

3.3.2 ラベル又は説明

Level A

コンテンツが利用者の入力を要求する場合は、ラベル又は説明文が提供されている。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

  • Note: The techniques at the end of the above list should be considered “last resort” and only used when the other techniques cannot be applied to the page. The earlier techniques are preferred because they increase accessibility to a wider user group.

3.3.3 エラー修正の提案

Level AA

入力エラーが自動的に検出され、修正方法を提案できる場合、その提案が利用者に提示される。ただし、セキュリティ又はコンテンツの目的を損なう場合は除く。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Advisory Techniques
  • G139: 利用者がエラー箇所に移動できるメカニズムを作成する
  • エラーメッセージを、ウェブページのその他のテキストと区別しやすくし、容易に理解できるようにする (future link)
  • 送信されたフォームが正しいかをサーバーで確認する (future link)
  • 必須の情報が入力されない場合に、必須フィールドを識別するだけでなく、正しい情報の説明と事例を提供する (future link)
  • フォームフィールドと関連して、各入力エラーを訂正するための提案を繰り返し強調する (future link)
  • 提案するリストの各項目から、対応するフォームフィールドへスキップする方法を利用者に提供する (future link)
  • 変更の必要のあるフォームフィールドに対して、文脈に沿った追加のヘルプを提供する (future link)
  • 様々なフォーマットの入力データを受け付ける (future link)
  • G199: データが問題なく送信されたことを伝えるフィードバックを提供する
    利用者に提案を行う達成方法(参考)
    • 入力エラーの数についての情報を含むテキストの説明、各項目を訂正するための提案、そして、どのように進めるべきかの指示を提供する (future link)
    • コンテンツの最初の項目(あるいは最初の項目の一つ)を訂正するための提案を含むテキストの説明を提供する、又は、コンテンツの中でこの情報を強調する (future link)
    • エラーを表示し、元のフォームの文脈に沿った提案をする(例えば、フォームのどこに入力エラーがあるかを再表示し、訂正のための提案がハイライトされ、元のフォームとの関連を表示する) (future link)
    HTMLの達成方法(参考)
    • 必須のフォームフィールドで最初のテキストとして、データとデータフォーマットについて「正しい事例」を提供する (future link)
    • 正しいテキストを示唆するリンクをフォームフィールドの「近くで」提供するか、正しいテキストを示唆するテキスト自体をウェブページ上のフォームフィールドの「隣に」直接配置する (future link)
    クライアントサイドのスクリプトの達成方法(参考)

3.3.4 エラー回避 (法的、金融、データ)

Level AA

利用者にとって法律行為もしくは金融取引が生じる、利用者が制御可能なデータストレージシステム上のデータを変更もしくは削除する、又は利用者が試験の解答を送信するウェブページでは、次に挙げる事項のうち、少なくとも一つを満たしている


  1. 取消: 送信を取り消すことができる。

  2. チェック: 利用者が入力したデータの入力エラーがチェックされ、利用者には修正する機会が提供される。

  3. 確認: 送信を完了する前に、利用者が情報の見直し、確認及び修正をするメカニズムが利用できる。

Advisory Techniques

3.3.5 ヘルプ

Level AAA

状況に応じたヘルプが利用できる。

3.3.6 エラー回避 (すべて)

Level AAA

利用者に情報の送信を要求するウェブページでは、次に挙げる事項のうち、少なくとも一つを満たしている


  1. 取消: 送信を取り消すことができる。

  2. チェック: 利用者が入力したデータの入力エラーがチェックされ、利用者には修正する機会が提供される。

  3. 確認: 送信を完了する前に、利用者が情報の見直し、確認及び修正をするメカニズムが利用できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

Principle 4 – 堅牢

コンテンツは、支援技術を含む様々なユーザエージェントが確実に解釈できるように十分に堅牢 (robust) でなければならない。

Guideline 4.1 – 互換性

現在及び将来の、支援技術を含むユーザエージェントとの互換性を最大化すること。
Advisory Techniques
  • W3Cが策定した技術仕様の中で非推奨とされている機能の使用を避ける (future link)
  • その技術がオフになっている、又はサポートされていないとき、アクセシビリティ・サポーテッドではない技術に依存したコンテンツを表示しない。 (future link)

4.1.1 構文解析

Level A

マークアップ言語を用いて実装されているコンテンツにおいては、要素には完全な開始タグ及び終了タグがあり、要素は仕様に準じて入れ子になっていて、要素には重複した属性がなく、どの ID も一意的である。ただし、仕様で認められているものを除く。

4.1.2 名前 (name) ・役割 (role) 及び値 (value)

Level A

すべてのユーザインタフェース コンポーネント (フォームを構成する要素、リンク、スクリプトが生成するコンポーネントなど) では、名前 (name) 及び役割 (role) は、プログラムによる解釈が可能である。又、状態、プロパティ、利用者が設定可能な値はプログラムによる設定が可能である。そして、支援技術を含むユーザエージェントが、これらの項目に対する変更通知を利用できる。

Sufficient Techniques

Note: Other techniques may also be sufficient if they meet the success criterion. See Understanding Techniques.

状況 B:スクリプト又はコードを用いて、マークアップ言語の標準的なユーザインタフェース コンポーネント再定義する場合:
Advisory Techniques
  • 暗黙のラベルを持たないすべてのフォーム コントロールにラベルを付加する (future link)
Failures

Contribute

We welcome feedback and suggestions: