WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F40: 達成基準 2.2.1 及び 達成基準 2.2.4 の失敗例 - 制限時間付きの meta 要素リダイレクトを使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

すべてのページ

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

meta http-equiv の {time-out}; url=... はしばしば、自動的に利用者をリダイレクトする目的で使用される。これが時間をおいて発生した場合、予期しないコンテキストの変化によって利用者の邪魔をする可能性がある。

タイムアウトが 0 に設定されている場合には、meta 要素をリダイレクトのために利用することが容認される。なぜなら、リダイレクトが即時に行われるので、コンテキストの変化として知覚できないからである。しかしながら、これを実行するためにはサーバーサイドの達成方法を用いることが望ましい。SVR1: クライアントサイドではなく、サーバサイドで自動リダイレクトを実装する (SERVER) を参照のこと。

事例

失敗例 1

以下のページは 5 秒後に http://www.example.com/newpage という URI へリダイレクトされるため、失敗となる。

コード例:


<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="en">
   <head>     
      <title>Do not use this!</title>     
      <meta http-equiv="refresh"
      content="5; url=http://www.example.com/newpage" />   
   </head>   
   <body>     
      <p>       
         If your browser supports Refresh, you'll be       
         transported to our        
         <a href="http://www.example.com/newpage">new site</a>        
         in 5 seconds, otherwise, select the link manually.     
      </p>   
   </body> 
</html>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

訳注: HTML 4.01 は Superseded Recommendation としてマークされ、廃止された仕様である。上記は、HTML 5.2§4.2.5. The meta element を代わりに参照できる。

検証

手順

  1. ページを表示させる。

  2. タイムアウトの後に、ページがリダイレクトされないことを確認する。

期待される結果

  1. 2. の結果が偽である場合、この失敗例が適用され、そのコンテンツは達成基準の失敗となる。