WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H58: 自然言語の変更を指定するために、言語属性を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H58 に関するユーザエージェントサポートノートを参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、使用している HTML または XHTML のバージョンに応じて、lang または xml:lang 属性を用いることで、ページ上で用いられている自然言語の変化を明示することである。

HTML 4.01 では、各要素の lang 属性を用いる。text/html として提供される XHTML では、各要素の lang 属性と xml:lang 属性を用いることで XHTML の仕様を満たし、また HTML に対する後方互換性を保持する。application/xhtml+xml として提供される XHTML の場合は、各要素の xml:lang 属性を用いる。

注記: HTML では lang 属性のみを使用できる。XHTML 1.0 では移行措置として両方の属性を使用できる。XHTML 1.1 では xml:lang 属性のみを使用できる。

lang 及び xml:lang 属性に指定できる値については、以下に示す参考リソースに示されている。言語タグは、言語を表すプライマリーコードと、その言語が使用される地域や記述に用いる文字コードなどを表すサブコードから成っている。サブコードの指定は任意で、指定する場合にはプライマリーコードに続けてハイフンを記述し、その後に記述する。たとえば、プライマリーコード「en」は英語を示し、「en-gb」と「en-us」はそれぞれイギリス英語とアメリカ英語を示す。この達成方法において、プライマリーコードの使用は重要である。サブコードの使用は任意だが、状況によっては有用なものになり得る。

訳注: WAIC では H58 に関するアクセシビリティ・サポーテッド(AS)情報を提供している。

2014 年 6 月版のアクセシビリティ・サポーテッド(AS)情報: H58 では、「達成可能」と評価されている。WAIC はこの達成方法が検証した環境で広く動作すると判断している。

事例

事例 1

この例では、xml:lang 属性を用いてドイツ語の引用部分を示している。このコードは、lang 属性の使用が許されていない XHTML 1.1 に含むことができるように書かれている。

コード例:

<blockquote xml:lang="de">
  <p>
    Da dachte der Herr daran, ihn aus dem Futter zu schaffen,
    aber der Esel merkte, daß kein guter Wind wehte, lief fort
    und machte sich auf den Weg nach Bremen: dort, meinte er,
    könnte er ja Stadtmusikant werden.
  </p>
</blockquote> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

ドキュメントにおける各要素について:

  1. 言語コードの継承 (HTML4.01) で示されているように、その要素のコンテンツの自然言語が、その要素に継承されている言語と同一である。

ドキュメントにおける各 lang 属性について:

  1. lang 属性の値が BCP 47: Tags for the Identification of Languages に適合している。

ドキュメントにおける各 xml:lang 属性について:

  1. xml:lang 属性の値が BCP 47: Tags for the Identification of Languages に適合している。

期待される結果

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、この手順や期待される結果を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。