ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC:Web Accessibility Infrastructure Committee)は、日本におけるウェブアクセシビリティの公的規格であるJIS X 8341-3の理解と普及を促進するとともに、JIS X 8341-3を利用してウェブアクセシビリティを高めていくために必要な基盤を構築するために、さまざまな活動を行っています。

JIS X 8341-3の規格票は、以下のいずれかの方法でご覧いただくことができます。どちらも規格番号「X8341-3」で検索してください。

組織について

ウェブアクセシビリティ基盤委員会についてのご紹介です。

Q&A

JIS X 8341-3について寄せられた質問への回答を掲載しています。

新着情報

  • 2017年12月5日 How to Meet WCAG 2.0の日本語訳を更新しました。翻訳対象を2017年7月20日時点の最新版とし、一部未訳だった箇所に対応したほか、タイトルを「WCAG 2.0 クイックリファレンス」に変更しています。
  • 2017年11月19日 作業部会1(理解と普及)に、ヤフー株式会社の中野氏と株式会社サイバーエージェントの佐藤氏が参加しました。
  • 2017年10月17日 「アクセシビリティセミナー2017」の開催報告の開催報告を掲載しました。アンケートの集計結果をご覧いただけるほか、講演で使用したスライドをダウンロードできます。