ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC:Web Accessibility Infrastructure Committee)は、日本におけるウェブアクセシビリティの公的規格であるJIS X 8341-3の理解と普及を促進するとともに、JIS X 8341-3を利用してウェブアクセシビリティを高めていくために必要な基盤を構築するために、さまざまな活動を行っています。

JIS X 8341-3の規格票は、以下のいずれかの方法でご覧いただくことができます。どちらも規格番号「X8341-3」で検索してください。

組織について

ウェブアクセシビリティ基盤委員会についてのご紹介です。

Q&A

JIS X 8341-3について寄せられた質問への回答を掲載しています。

新着情報

  • 2016年4月22日 5月24日にセミナー「これから取り組むWebアクセシビリティ 2018 春」を東京で開催します。
  • 2018年4月21日 作業部会2(実装)で委員の交代があり、株式会社ミツエーリンクスより黒澤氏が参加しました。
  • 2018年4月5日 4月5日18時より、Webサイトを運用しているサーバーの移転を予定しています。数時間にわたりアクセスできなくなる可能性がありますため、あらかじめお知らせいたします。ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承のほど、よろしくお願いいたします。
  • 2018年3月5日 作業部会1(理解と普及)に株式会社大塚ビジネスサービスの足立氏と株式会社コンセントの山中氏が、作業部会2(実装)に株式会社サイバーエージェントの桝田氏が、作業部会3(試験)にアーリータイムズの中島氏がそれぞれ参加しました。