WCAG 2.0解説書

本文へジャンプ

-

ヘルプ:
達成基準 3.3.5 を理解する

3.3.5 ヘルプ: コンテキストに応じたヘルプが利用できる。 (レベル AAA)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、利用者がミスをしないようにすることである。障害のある利用者は、障害のない利用者よりもミスをする可能性が高い。状況に応じたヘルプを提供することによって、利用者は自分が実行していることの手順がわからなくなってしまうことがなく、どう操作すればよいかがわかる。

状況に応じたヘルプは、ラベルがすべての機能を説明するのに不十分なときにだけ提供すればよい。状況に応じたヘルプが提供されていることを利用者に対してはっきりと示すべきで、利用者が必要とするときにはいつでもヘルプを利用できるようにしなければならない。

コンテンツ制作者は、ヘルプの文章を提供することができる、又はユーザエージェントがウェブコンテンツ技術特有のプログラムで判断できる情報に基づいてヘルプの文章を提供することができる。

達成基準 3.3.5の具体的なメリット:

  • テキスト入力のヘルプを提供することによって、フォーム又はテキスト入力を必要とするその他のコンテンツでテキストを書くのが困難なことがよくある、書字障害のある利用者及び読字障害、知的障害のある利用者に役立つ。

  • さらに、このようなヘルプによる支援は、加齢によって、テキスト入力及び/又はマウス操作に同じような困難を伴う利用者にも役立つ。

達成基準 3.3.5の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

(今のところ、文書化されていない)

達成基準 3.3.5 の達成方法及び不適合事例 - ヘルプ

この節にある番号付の項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組合せを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。他の達成方法についての情報は、達成基準を満たすための達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

使用法: そのコンテンツに合致する状況を以下から選択すること。それぞれの状況には、WCAG ワーキンググループがその状況において十分であると判断する、番号付の達成方法(又は、達成方法の組合せ)がある。

状況 A: フォームがテキスト入力を求める場合:

  1. G71: すべてのウェブページにヘルプへのリンクを提供する

  2. G193: ウェブページでアシスタントによるヘルプを提供する

  3. G194: スペルチェック機能を提供し、テキスト入力の修正候補を提示する

  4. G184: フォーム又はテキスト・フィールド一式の先頭に、必要とされる入力フォーマットを説明するテキストの説明文を提供するt

状況 B: フォームが所定のデータフォーマットでのテキスト入力を求める場合:

  1. G89: 所定のデータ書式及び入力例を提供する

  2. G184: フォーム又はテキスト・フィールド一式の先頭に、必要とされる入力フォーマットを説明するテキストの説明文を提供するt

3.3.5 でさらに対応が望まれる達成方法(参考)

適合するためには必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするためには、次の付加的な達成方法もあわせて検討するとよい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、または効果的であるとは限らない。

達成基準 3.3.5 のよくある不適合事例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準3.3.5に適合していないとみなした、よくある不適合事例である。

(今のところ、文書化された不適合事例はない)

重要な用語

コンテキストに応じたヘルプ (context-sensitive help)

そのとき実行されている機能に関する情報を提供するヘルプのテキスト。

注記: 明解なラベルは、コンテキストに応じたヘルプとして機能しうる。