WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G53: リンクテキストとそれが含まれている文中のテキストとを組み合わせて、リンクの目的を特定する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

リンクが含まれる全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

G53 に関するユーザエージェントサポートノートを参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、リンク及びその文脈からリンクの目的を特定することである。そのリンクを含んでいる文章によって、リンクテキストだけでは不明瞭なリンクに文脈が与えられることになる。その説明によって、利用者がそのリンクと、そのウェブページ内にある他のリンクとを区別できるようになり、そのリンク先へ移動するかどうかを判断しやすくなる。一般的に、リンクテキストとして単に目的地の URI を示すだけでは、リンク先の説明として不十分であることに注意すべきである。

注記: このような説明が利用者にとって最も役立つのは、リンクを理解するのに必要な追加情報が、そのリンクよりも前に書かれている場合である。追加情報がリンクの後に書かれていると、ページを (先頭から最後へと) 順番に読むスクリーンリーダーの利用者には混乱や支障が生じることがある。

訳注: WAIC では G53 に関するアクセシビリティ・サポーテッド(AS)情報を提供している。

2014 年 6 月版のアクセシビリティ・サポーテッド(AS)情報: G53 では、「達成可能」と評価されている。WAIC はこの達成方法が検証した環境で広く動作すると判断している。

事例

事例 1

ウェブページに「このページ上で広告を掲載する場合は、ここをクリック。」という文章がある。

リンクテキストの「ここをクリック」は、リンク先を理解するのに十分ではないが、必要な情報は同じ文の中でそのリンクの前にある。

事例 2

「スモールヴィルタイムズのリポートによれば、教育委員会が 8 月 27 日にスタートする 2007 年スクールカレンダーを選んだとのことです。」という文章を含んでいるニュースのサマリーの中で、「リポート」が教育委員会の会議についてのスモールヴィルタイムズの記事へのリンクとなっている。

注記: この事例は、達成基準を満たしてはいるが、このようにリンクの後にそのリンクを理解するために必要な情報を置くと、スクリーンリーダーでドキュメントを読んでいる人にとっては分かりにくいものである。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

手順

コンテンツの中で、この達成方法を用いているリンクそれぞれに対して:

  1. そのリンクが文の一部である。

  2. そのリンクテキストと文を組み合わせると、リンクの目的が説明されている。

期待される結果

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、この手順や期待される結果を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。