WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F50: 達成基準 2.2.2 の失敗例 - 5 秒以内に点滅を停止するメカニズムなしに、点滅効果を引き起こすスクリプト

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

スクリプトで制御されたコンテンツの点滅をサポートするウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

スクリプトを用いてコンテンツの表示、非表示を定期的に切り換えることで、コンテンツを点滅させることができる。スクリプトが 5 秒以内に点滅を止めるためのメカニズムを含まない場合は不適合となる。点滅を停止させるための達成方法をどのように修正するかについての情報は SCR22: 点滅を制御し、5 秒以内に停止させるために、スクリプトを使用する (Scripting) を参照。

事例

失敗例 1

以下の例では点滅するコンテンツのためにスクリプトが使用されているが、点滅は 5 秒後に止まるのではなく、無期限に点滅し続ける。

コード例:


...
<script type="text/javascript">
<!--
// 点滅「on」状態
function show()
{
	if (document.getElementById)
	document.getElementById("blink1").style.visibility = "visible";
	settime-out("hide()", 450);
}
// 点滅「off」状態
function hide()
{
	if (document.getElementById)
	document.getElementById("blink1").style.visibility = "hidden";
	settime-out("show()", 450);
}
// 開始
show();
//-->
</script>
...
<span id="blink1">このコンテンツは点滅します。</span>

検証

手順

点滅しているそれぞれのインスタンスに対して:

  1. 点滅が 5 秒以内で止まる。

期待される結果

1. を満たしていない場合、コンテンツは達成基準を満たしていないことになる。