WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G110: クライアントサイドの瞬間的なリダイレクトを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、クライアントサイドで利用可能なリダイレクトを、利用者を混乱させることなく用いることである。リダイレクトはサーバサイドで実装するほうが望ましい (SVR1: クライアントサイドではなく、サーバサイドで自動リダイレクトを実装する (SERVER) を参照)。なぜなら、サーバーサイドのリダイレクトでは、新たな URI にあるコンテンツをサーバが送信する前にコンテンツが表示されてしまうことがないからである。しかし、コンテンツ制作者がサーバサイド技術を管理しているとは限らず、このような場合にはクライアントサイドのリダイレクトを用いることができる。コンテンツを異なる URI から取得すべきことをユーザエージェントに指示するコードを埋め込むことで、クライアントサイドのリダイレクトが実装できる。リダイレクト元のページには、リダイレクトに関する情報のみを含めておくことが重要である。

事例

事例 1: HTML: meta 要素の refresh で、URI を指定し、タイムアウトを指定しない方法

HTML 4.x と XHTML 1.x では、mata 要素を用いることでクライアントサイドのリダイレクトが実装できる。H76: クライアントサイドで瞬間的にリダイレクトするために、meta 要素の refresh を使用する (HTML) を参照のこと。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

  1. 他のウェブページへのリンクやプログラム参照を見つける。

  2. 各リンクやプログラム参照について、参照先のウェブページにクライアントサイドのリダイレクト用のコード (meta 要素やスクリプトなど) が含まれている。

  3. クライアントサイドのリダイレクトが生じるリンクやプログラム参照について、リダイレクトは時間制限も遅延もなく実装され、そのページにはリダイレクトに関する情報のみが含まれている。

期待される結果

2. を満たしていない、又は 3. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、この手順や期待される結果を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。