WCAG 2.0解説書

本文へジャンプ

-

一貫したナビゲーション:
達成基準 3.2.3 を理解する

3.2.3 一貫したナビゲーション: ウェブページ一式の中にある複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズムは、繰り返されるたびに 相対的に同じ順序で出現する。ただし、利用者が変更した場合は除く。 (レベル AA)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、ウェブページ一式の中で繰り返し用いられるコンテンツを利用し、特定の情報又は機能を複数回にわたって見つける必要がある利用者のために、一貫したプレゼンテーション及びレイアウトの使用を推奨することである。画面拡大ソフトを使用して一度に画面の限られた狭い領域を表示しているロービジョンの利用者は、繰り返し用いられてるコンテンツの位置を素早く確認するために、視覚的な手がかり及びページの境界線を用いていることがよくある。繰り返し用いられるコンテンツを同じ順序で提示することは、そのコンテンツの位置を確認するためにデザインの空間的記憶又は視覚的な手がかりを用いている、画面を見ている利用者に対しても重要なことである。

ここで用いている「同じ順序」という表現が、サブナビゲーション・メニューを使用してはならないとか、サブナビゲーションのブロック又はページ構造を使用してはならないという意味ではないということが重要である。そうではなく、この達成基準が意図しているのは、複数のウェブページで繰り返し用いられているコンテンツを利用している利用者が、自分の探しているコンテンツの位置を予測できるようにして、より素早く見つけることができるようにすることである。

利用者は、自分に最も有用なかたちで情報が提供されるように、ユーザエージェントを用いて、又は利用者設定を行って、順序を変更していることがある。

達成基準 3.2.3の具体的なメリット:

  • 繰り返し用いられているコンテンツを、サイトの各ページで同じ順序で提示することによって、利用者が各ページのどこにそれがあるのかを予測できるようになり、快適に利用できるようになる。これは、認知能力の低下している利用者、ロービジョンの利用者、知的障害のある利用者に加えて、全盲の利用者にも役立つ。

達成基準 3.2.3の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 3.2.3 の達成方法及び不適合事例 - 一貫したナビゲーション

この節にある番号付の項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組合せを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。他の達成方法についての情報は、達成基準を満たすための達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

3.2.3 でさらに対応が望まれる達成方法(参考)

適合するためには必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするためには、次の付加的な達成方法もあわせて検討するとよい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、または効果的であるとは限らない。

  • 複数のウェブページの間で一貫性を保つためにテンプレートを利用する(リンク追加予定)

  • レイアウト、位置、階層、配置を作る(リンク追加予定)

達成基準 3.2.3 のよくある不適合事例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準3.2.3に適合していないとみなした、よくある不適合事例である。

重要な用語

ウェブページ (Web page)

単一の URI から HTTP で得た埋め込まれていないリソースに加え、 レンダリングに使われる、又はユーザエージェントがこのリソースと一緒にレンダリングすることを意図しているその他のあらゆるリソースを合わせたもの。

注記 1: どのような「その他のリソース」も主たるリソースと一緒にレンダリングされるであろうが、これらのリソースが同時にレンダリングされるとは限らない。

注記 2: このガイドラインの適合範囲に含まれる対象となるウェブページとみなされるためには、リソースが「埋め込まれていない」リソースでなければならない。

事例 1: すべての埋め込まれている画像とメディアを含んだウェブリソース。

事例 2: Asynchronous JavaScript and XML (AJAX) を用いたウェブメールのプログラム。そのプログラム全体は http://example.com/mail に存在しているが、受信箱、アドレス帳、カレンダーがある。リンクまたはボタンがあり、それを押すと受信箱、アドレス帳やカレンダーを表示するが、ページの URI は全体を通して変わらない。

事例 3: カスタマイズ可能なポータルサイトで、利用者が様々なコンテンツモジュールのセットから表示させるコンテンツを選択できるようなもの。

事例 4: ブラウザで"http://shopping.example.com/" へ行くと、映画のようなインタラクティブなショッピング環境になる。そこでは、視覚的に店内を移動して、店内の棚から商品をドラッグして、目の前にある視覚的な買物カゴに商品を入れる。商品をクリックすると、同時に仕様書が浮き上がるように表示される。これは1ページだけのウェブサイトかもしれないし、 ウェブサイトの中のほんの1ページなのかもしれない。

ウェブページ一式 (set of Web pages)

共通の目的を共有し、同じコンテンツ制作者、グループ、又は組織により制作されたウェブページの集合。

注記: 他言語版は、異なるウェブページ一式と見なされることもある。

相対的に同じ順序 (same relative order)

他の項目との相対位置が同じ。

注記: 当初の順序に対して、別の項目が挿入、又は削除されていたとしても、項目は相対的に同じ順序になっていると考えられる。例えば、展開するナビゲーションメニューに詳細な追加階層が挿入される、又は、読みの順序の途中に副次的なナビゲーション部分が挿入されることがある。