WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F46: 達成基準 1.3.1 の失敗例 - レイアウトテーブルで、th 要素、caption 要素、又は空ではない summary 属性を使用している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この達成方法の目的は、レイアウトにのみ使用されるテーブルに th 要素、summary 属性、又は caption 要素が含まれる場合に発生する失敗について記述することである。これは、構造化 (又はセマンティック) マークアップを提示だけのために使用するため、失敗例である。HTML 及び XHTML の table 要素の目的は、データを提示することである。

レイアウトテーブルの中で用いられることは少ないが、以下の構造的なマークアップもレイアウトテーブル内で用いられる場合に達成基準 1.3.1 の失敗例となる:

支援技術は、HTML 及び XHTML のテーブルに含まれる構造的な情報を用いて、利用者に対してデータを論理的な形で伝えるようになっている。th 要素は、行や列の見出しを表すために用いられる。スクリーンリーダーを利用している場合、表の中を移動しながら読む時、移動した先のセルの行や列の見出しを読み上げるために th 要素の内容が利用される。summary 属性は、その表の目的や機能についてのテキストによる説明を提供するために用いられ、利用者はスクリーンリーダーを用いてこの情報を得ることができる。caption 要素は表の一部であり、その表を特定する役割を持つ。

WCAG 2 はレイアウトテーブルの使用を禁止していないが、HTML のテーブル関連要素の定義されたセマンティックな意味を保持し、コンテンツから提示を分離するコーディングの慣習に従うためにも、CSS ベースのレイアウトが推奨される。テーブルがレイアウトの目的で使用されるとき、th 要素を使用すべきではない。そのテーブルはデータを示していないため、どのセルも行又は列の見出しとしてマークアップする必要はない。同様に、コンテンツをレイアウトするためにのみ用いられているテーブルについて、追加の説明を提供する必要はない。summary 属性を含めない。そして、 テーブルを「レイアウトテーブル」のような説明をするためにsummary 属性を使用しない。音声の場合、この情報は価値を提供せず、スクリーンリーダーを通してコンテンツをナビゲートする利用者の気を散らすだけである。空の summary 属性はレイアウトテーブルで許容されるが、推奨されない。

事例

失敗例 1

以下は、テーブルを使ってコンテンツを 3 段組にする単純な例である。左側にナビゲーションバー、中央にメインのコンテンツ、右側に追加のサイドバーが配置されている。ページの上部にはページのタイトルが表示されている。この例では、ページのタイトルを <th> を使ってマークアップし、この表がレイアウトテーブルであることを示す summary 属性が指定されている。

コード例:


 <table summary="layout table">
 <tr>
   <th colspan=3>Page Title</th>
 </tr>
 <tr>
   <td><div>navigation content</div></td>
   <td><div>main content</div></td>
   <td><div>right sidebar content</div></td>
 </tr>
 <tr>
   <td colspan=3>footer</td>
 </tr>
 </table>

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

手順

  1. HTML 又は XHTML のソースコードに、table 要素があることを確認する。

  2. そのコンテンツ中で、視覚的レイアウトのみの目的でテーブルが用いられている場合

    1. その table 要素には、th 要素が含まれていないことを確認する。

    2. その table 要素が、値が空ではない summary 属性を含んでいないことを確認する。

    3. その table 要素が caption 要素を含んでいないことを確認する。

期待される結果