WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

PDF9: PDF 文書内のコンテンツを見出しタグでマークアップすることによって見出しを作成する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.0 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

Tagged PDF documents with headings

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

PDF9 に関するユーザエージェントサポートノートを参照のこと。PDF テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、支援技術で認識されるように PDF 文書内の見出しをマークアップする方法を示すことである。 見出しは構造ツリーの中で見出しエレメント (H, H1, H2, ... H6) を用いてマークアップされる。これは通常、PDF のオーサリングツールを使用して行う。

見出しマークアップは次の目的のために使用できる。

見出しでコンテンツの重要なセクションの始まりが示されるので、支援技術の利用者は見出しのリストにアクセスして、適切な見出しに直接ジャンプし、コンテンツを読み始めることができる。見出しでコンテンツを「ざっと読み」、興味のあるコンテンツに直接移動できるこの機能は、そうしなければコンテンツへのアクセスが遅くなってしまう利用者にとって、操作が非常にスピードアップする。

事例

事例 1: Adobe Acrobat 9 Pro を使用して、PDF 文書内のタグ付き見出しを追加または変更する

この事例は Adobe Acrobat Pro の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

Touchup 読み上げ順序ツールを使用する

PDF 文書に見出しを追加する方法の 1 つとして、Touchup 読み上げ順序ツールを使用できる。

  1. Adobe Acrobat Pro で PDF 文書を開く

  2. アドバンスト > アクセシビリティ > TouchUp 読み上げ順序を選択する

  3. TouchUp 読み上げ順序パネルの[順序パネルを表示]ボタンをクリックする。

  4. [順序]パネルでタグが表示される

次の画像は、Adobe Acrobat Pro で開いた PDF 文書を示している。タグパネルが開き、H1 タグとして「Cooking techniques」、H2 タグとして「Cooking with oil」という見出しテキストが表示されている。「Cooking with butter」というテキストは H2 タグとすべきであるが、H2 タグにはなっていない。

スクリーンショット:Adobe Acrobat で開いた PDF 文書。[タグ]パネルには、タグツリー内の見出しが表示されている。H2 としてタグ付けされるべきテキストが、誤って段落としてタグ付けされている。

H2 見出しに修正するには、次のように TouchUp 読み上げ順序パネルを使用する。

  1. 選択ボックスを左クリックして、タグ付けするコンテンツにドラッグする

  2. TouchUp 読み上げ順序パネルから「見出し 2」タグを選択する

次の画像は、Adobe Acrobat Pro で開いた PDF 文書を示している。TouchUp 読み上げ順序パネルが表示されている。「Cooking with butter」テキストの近くに選択ボックスが表示され、パネルの「見出し 2」が選択されている。

スクリーンショット:Adobe Acrobat で開いた PDF 文書。TouchUp 読み上げ順序パネルが表示されている。見出しテキストが選択され、パネルの「見出し 2」が選択されている。

最後に、TouchUp 読み上げ順序パネルの[順序パネルを表示]ボタンを押下する。

次の画像は、Adobe Acrobat Pro で開いた PDF 文書を示している。タグパネルが表示され、H2 としてタグ付けされた「Cooking with butter」というテキストが表示されている。

スクリーンショット:Adobe Acrobat で開いた PDF 文書。TouchUp 読み上げ順序パネルに正しくタグ付けされた見出しが表示されている。

[順序]パネルと[タグ]パネルを使用する

次の手順に従い、見出しを追加または変更することもできる。

  1. [順序]パネルを表示する

  2. 変更または追加する見出しのテキストのコンテキストメニューを開く

  3. テキストに対する正しい見出しタグを選択する

次のスクリーンショットは、「Cooking with butter」というテキストの順序パネルとコンテキストメニューを示している。コンテキストメニューから「見出し 2 としてタグ付け」が選択されている。

スクリーンショット:Adobe Acrobat で開いた PDF 文書。順序パネルとコンテキストメニューに、見出し2 に変更するテキストが示されている。

次のスクリーンショットに示すように、タグパネルを開いて、正しい見出しが適用されていることを確認できる。

 PDF document opened in Adobe Acrobat. The Tags panel confirms the correct heading tags.

この事例のサンプルとして、 タグ付き見出しを追加するサンプル (Word ファイル) タグ付き見出しを追加するサンプル (PDF ファイル) がある。

事例 2: PDF 変換時に正しいタグ付き見出しのある Microsoft Word 文書を作成する

この事例は Microsoft Word の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

スタイルを使用して、見出しの書式 (見出し 1、見出し 2、見出し 3 など) を作成する。スタイルが論理的な構成になるようにする (見出し 2 が見出し 1 より後に来るようにするなど)。

In Microsoft Word 2003

  • 書式 > スタイルと書式メニューを選択し、[スタイルと書式]ウィンドウを表示する

  • [スタイルと書式]パネルに用意されている見出し 1~6 のスタイルを使用する

スクリーンショット:Word 2003での見出しの書式の選択

In Microsoft Word 2007/2010

Word 2007/2010 で[ホーム]リボンを選択し、スタイルのグループから適切な見出し (見出し 1~6) を選択する。

Word 2007/2010での見出しの書式の選択

事例 3: OpenOffice.org Writer 2.2 で PDF 変換時に正しいタグ付き見出しがある文書を作成する

この事例は OpenOffice.org Writer の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

スタイルを使用して、見出しの書式 (見出し 1、見出し 2、見出し 3 など) を作成する。スタイルが論理的な構成になるようにする (見出し 2 が見出し 1 より後に来るようにするなど)。

次の手順に従い、PDF としてエクスポートする。

  1. ファイルメニューの「PDF としてエクスポート」を選択する

  2. 初めて PDF としてエクスポートする場合には、オプションダイアログボックスが表示される

  3. 「タグ付き PDF」を選択して、[エクスポート]を選択する

スクリーンショット: OpenOffice.org Writer で見出しスタイルを選択し、PDF にエクスポートする。

事例 4: /Hn エレメントを使用して見出しをマークアップする

PDF 文書内の見出しは、構造ツリー内の /Hn エレメントを使用してマークアップできる。ここで、n は 1 ~ 6 の数字である (/H1、/H2 など)。

次のコードフラグメントは、/Hn エレメントを使用してコンテンツをマークアップする一般的なコードを示している。なお、この例においては、/H1 は /Head1 に role がマップされている。これは通常、オーサリングツールを使用して行う。


0 obj% Document catalog
  << /Type /Catalog
     /Pages 100 0 R                  % ページツリー
     /StructTreeRoot 300 0 R         % 構造ツリーのルート
  >>
endobj
 ...
300 0 obj% Structure tree root
  << /Type /StructTreeRoot
     /K [ 301 0 R                    % 2つの子: 章と
        304 0 R                      % 段落
        ]
     /RoleMap << /Chap /Sect         % 構造ツリーへのマッピング
                 /Head1 /H
                 /Para /P
              >>
    /ClassMap << /Normal 305 0 R >>  % 1つの属性クラスを含むクラスマップ
    /ParentTree 400 0 R              % 親エレメントの数字ツリー
    /ParentTreeNextKey 2             % 親ツリーで次に使用するキー
    /IDTree 403 0 R                  % エレメント識別子の名前ツリー
  >>
endobj
301 0 obj                            % 章の構造エレメント
  << /Type /StructElem
     /S /Chap
     /ID (Chap1)                     % エレメント識別子
     /T (Chapter 1)                  % 人間が読み取ることができるタイトル
     /P 300 0 R                      % 親が構造ツリーのルート
     /K [ 302 0 R                    % 2つの子:セクションヘッダーと
          303 0 R                    % 段落
        ]
  >>
endobj
302 0 obj                            % セクションヘッダーの構造エレメント
  << /Type /StructElem
     /S /Head1
     /ID (Sec1.1)                    % エレメント識別子
     /T (Section 1.1)                % 人間が読み取ることができるタイトル
     /P 301 0 R                      % 親が章
     /Pg 101 1 R                     % コンテンツ項目を含むページ
     /A << /O /Layout                % レイアウトが所有する属性
           /SpaceAfter 25
           /SpaceBefore 0
           /TextIndent 12.5
        >>
    /K 0                             % マークされたコンテンツ順序 0
  >>
endobj
...

マークされたコンテンツコンテナー内で、PDF 文書内の第1レベルの見出しに対して、次のように /Headn エレメントを使用して見出しをマークアップできる。


BT		 		% テキストオブジェクトの始まり
  /Head1 <</MCID 0 >>   	% マークされたコンテンツ順序の始まり
     BDC
        ...
        (これは第1レベルの見出しです。Hello world: ) Tj
        ...
     EMC			% マークされたコンテンツ順序の終わり
     ...
ET				% テキストオブジェクトの終わり 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

  1. 別個のセクションに分割されているすべての PDF コンテンツについて、次のいずれかの方法を使用して、見出しが正しくタグ付けされていることを確認する。

    • PDF 文書をスクリーンリーダーで読み上げると、見出しのリストが正しく読み上げられる

    • PDF エディターを使用して、見出しが正しくタグ付けされていることを確認する

    • /Headn エントリを表示できるツールを使用して PDF 文書を開き、見出しが正しくタグ付けされていることを確認する

    • アクセシビリティ API を通じて文書を表示するツールを使用して、見出しが正しくタグ付けされていることを確認する

期待される結果

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、この手順や期待される結果を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。