【注意】 この文書は、W3C エディターズドラフト Techniques for WCAG 2.1 の 2019 年 10 月 1 日版を、ウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC) が翻訳して公開しているものです。この文書の正式版は、W3C のサイトにある英語版です。正確な内容については、W3C が公開している原文 (英語) をご確認ください。この翻訳文書はあくまで参考情報であり、翻訳上の誤りが含まれていることがあります。翻訳上の誤りを見つけられた場合は、翻訳に関するコメント (Google フォーム)からご連絡ください。

【重要】 原文の Techniques for WCAG 2.1 自体、ワーキンググループによって今後も継続的に修正されていくものと思われます。この文書の内容は古くなっていることがあります。あくまでも参考程度にご覧ください。

WCAG 2.1 達成方法集

Updated


概要

この文書 WCAG 2.1 達成方法集は、ウェブコンテンツ制作者および評価者向けに Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1 の達成基準を満たすためのガイダンスを提供している。 W3C の Web Accessibility Initiative (WAI) が、WCAG 2.1 を補足するために公開している一連の文書の一つである。WCAG 2.1 のイントロダクション、補足する技術文書、そして教材については Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) Overview. を参照のこと。

達成方法は、参考情報である。つまり、達成方法は必須要件ではない。WCAG 2.1 への適合の判断は、WCAG 2.1 の達成基準に基づくものであり、達成方法ではない。達成方法に関する重要な情報については、WCAG 2.1 解説書の WCAG 達成基準の達成方法を理解するのセクションを参照のこと。

WCAG 2.1 達成方法集は、独立した文書として利用されることを意図したものではない。コンテンツ制作者が通常は How to Meet WCAG (Quick Reference) を利用して、WCAG の達成基準を読み、そこから WCAG 2.1 解説書にある具体的なトピックや具体的な達成方法へのリンクを辿ることを想定している。

この文書のステータス

これは「Techniques for WCAG 2.1」の公式版であり、Web Content Accessibility Guidelines 2.1 によって参照されている。このリソースは、ガイドラインを満たすためにガイドの解釈及び参考達成方法を更新するために必要に応じてメンテナンスされる。

コメントをするためには、W3C WCAG 2.1 GitHubリポジトリにイシューを提出していただきたい。この文書で提案されている達成基準はイシュー追跡の議論を参照しているが、ワーキンググループは、パブリックコメントを新しいイシューとして、個別のコメントごとに一つの課題として提出することを要請している。課題を報告するための GitHub アカウントを作成するのは無料である。GitHub でイシューを提出できない場合は、public-agwg-comments@w3.org (コメントアーカイブ) に電子メールを送信していただきたい。

WCAG 2.1 達成方法集のイントロダクション

この文書 WCAG 2.1 達成方法集は、ウェブコンテンツ制作者および評価者向けに Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1 の達成基準を満たすためのガイダンスを提供している。W3C の Web Accessibility Initiative (WAI) が、WCAG 2.1 を補足するために公開している一連の文書の一つである。WCAG 2.1 のイントロダクション、補足する技術文書、そして教材については Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) Overview を参照のこと。

WCAG 2.1 自身は、変更されることのない安定した文書である。この WCAG 2.1 達成方法集は、現在のベストプラクティス並びに技術及び手段の変化をより多く取り扱うために、定期的に更新する文書である。

達成方法は、参考情報である。つまり、達成方法は必須要件ではない。WCAG 2.1 への適合の判断は、WCAG 2.1 の達成基準に基づくものであり、達成方法ではない。

W3C は、必要とする W3C の十分な達成方法に対して警告する。要求されるべき唯一のものは、WCAG 2.1 の達成基準を満たすことである。より詳しくは、次の文書を参照のこと:

WCAG 2.1 達成方法集は、独立した文書として利用されることを意図したものではない。コンテンツ制作者が通常は How to Meet WCAG (Quick Reference)を利用して、WCAG の達成基準を読み、そこから WCAG 2.1 解説書にある具体的なトピックや具体的な達成方法へのリンクを辿ることを想定している。

特定の技術に対する達成方法の公表は、WCAG 2.1 達成基準及び適合性要求を満たすコンテンツを作成するためにすべての状況において使用できることを意味しない。開発者は、特定の技術の限界を認識し、障害をもつ人々にアクセシブルな方法でコンテンツを提供する必要がある。

達成方法に関する重要な情報については、WCAG 2.1 解説書の WCAG 達成基準の達成方法を理解するのセクションを参照のこと。

Change Log

A list of new, removed or significantly updated techniques:

  1. : Added Failure of Success Criterion 2.5.1 due to providing functionality via a path-based gesture without simple pointer alternative
  2. : Added Failure due to inability to deactivate motion actuation
  3. : Added Failure of Success Criterion 1.4.12 due to clipped or overlapped content when text spacing is adjusted
  4. : Added Failure of Success Criterion 4.1.3 due to providing status messages that cannot be programmatically determined through role or properties
  5. : Added Failure of Success Criterion 1.4.10 due to content disappearing and not being available when content has reflowed
  6. : Added Providing single point activation for a control slider
  7. : Added Providing controls to achieve the same result as path based or multipoint gestures
  8. : Added Failure of Success Criterion 1.3.4 due to showing a message asking to reorient device
  9. : Added Using a control to allow access to content in different orientations which is otherwise restricted
  10. : Added Creating a two-color focus indicator to ensure sufficient contrast
  11. : Added Failure of Success Criterion 2.1.4 due to implementing character key shortcuts that cannot be turned off or remapped
  12. : Added Making content on focus or hover hoverable, dismissible, and persistent
  13. : Added Using native controls to ensure functionality is triggered on the up-event
  14. : Added Failure of Success Criterion 2.5.6 due to interactions being limited to touch-only on touchscreen devices
  15. : Added Provide conventional controls and an application setting for motion activated input
  16. : Added Semantically identifying a font icon with role="img"
  17. : Added Failure due to locking the orientation to landscape or portrait view
  18. : Removed F52 from SC 3.2.1 (still attached to SC 3.2.5)
  19. : Added Provide sufficient contrast at the boundaries between adjoining colors
  20. : Added Using the CSS reduce-motion query to prevent motion
  21. : Added Ensuring that a contrast ratio of 3:1 is provided for icons
  22. : Added Using CSS width, max-width and flexbox to fit labels and inputs
  23. : Added F95 of 1.4.13 due to content shown on hover not being hoverable
  24. : Added C34 Using media queries to un-fixing sticky headers / footers
  25. : Added C36 Allowing for text spacing override
  26. : Added C37 Using CSS max-width and height to fit images
  27. : Added G207 Ensuring that drag-and-drop actions can be cancelled
  28. : Added F95 Failure of Success Criterion 1.4.13 due to content shown on hover not being hoverable
  29. : Added F96 Failure of Success Criterion 2.5.3 due to "accessible name" not containing the visible label text
  30. : Added C38 Using CSS width, max-width and flexbox to fit labels and inputs
  31. : Added G207 Ensuring that a contrast ratio of 3:1 is provided for icons

For a more detailed view of recent changes to the informative documents see the github updates.

謝辞

Accessibility Guidelines Working Group (AG WG) への参加に関する詳細な情報は、ワーキンググループのホームページを参照。

この文書の作成時にアクティブだった AG WG 参加者:

以前に活動していた他の WCAG WG 参加者及び WCAG 2.0、WCAG 2.1、又は関連文書への他の貢献者

Paul Adam, Jenae Andershonis, Wilhelm Joys Andersen, Andrew Arch, Avi Arditti, Aries Arditi, Mark Barratt, Mike Barta, Sandy Bartell, Kynn Bartlett, Chris Beer, Charles Belov, Marco Bertoni, Harvey Bingham, Chris Blouch, Paul Bohman, Frederick Boland, Denis Boudreau, Patrice Bourlon, Andy Brown, Dick Brown, Doyle Burnett, Raven Calais, Ben Caldwell, Tomas Caspers, Roberto Castaldo, Sofia Celic-Li, Sambhavi Chandrashekar, Mike Cherim, Jonathan Chetwynd, Wendy Chisholm, Alan Chuter, David M Clark, Joe Clark, Darcy Clarke, James Coltham, Earl Cousins, James Craig, Tom Croucher, Pierce Crowell, Nir Dagan, Daniel Dardailler, Geoff Deering, Sébastien Delorme, Pete DeVasto, Iyad Abu Doush, Sylvie Duchateau, Cherie Eckholm, Roberto Ellero, Don Evans, Gavin Evans, Neal Ewers, Steve Faulkner, Bengt Farre, Lainey Feingold, Wilco Fiers, Michel Fitos, Alan J. Flavell, Nikolaos Floratos, Kentarou Fukuda, Miguel Garcia, P.J. Gardner, Alistair Garrison, Greg Gay, Becky Gibson, Al Gilman, Kerstin Goldsmith, Michael Grade, Karl Groves, Loretta Guarino Reid, Jon Gunderson, Emmanuelle Gutiérrez y Restrepo, Brian Hardy, Eric Hansen, Benjamin Hawkes-Lewis, Sean Hayes, Shawn Henry, Hans Hillen, Donovan Hipke, Bjoern Hoehrmann, Allen Hoffman, Chris Hofstader, Yvette Hoitink, Martijn Houtepen, Carlos Iglesias, Richard Ishida, Jonas Jacek, Ian Jacobs, Phill Jenkins, Barry Johnson, Duff Johnson, Jyotsna Kaki, Shilpi Kapoor, Leonard R. Kasday, Kazuhito Kidachi, Ken Kipness, Johannes Koch, Marja-Riitta Koivunen, Preety Kumar, Kristjan Kure, Andrew LaHart, Gez Lemon, Chuck Letourneau, Aurélien Levy, Harry Loots, Scott Luebking, Tim Lacy, Jim Ley, Alex Li, William Loughborough, N Maffeo, Mark Magennis, Kapsi Maria, Luca Mascaro, Matt May, Sheena McCullagh, Liam McGee, Jens Oliver Meiert, Niqui Merret, Jonathan Metz, Alessandro Miele, Steven Miller, Mathew J Mirabella, Matt May, Marti McCuller, Sorcha Moore, Charles F. Munat, Robert Neff, Charles Nevile, Liddy Nevile, Dylan Nicholson, Bruno von Niman, Tim Noonan, Sebastiano Nutarelli, Graham Oliver, Sean B. Palmer, Devarshi Pant, Nigel Peck, Anne Pemberton, David Poehlman, Ian Pouncey, Charles Pritchard, Kerstin Probiesch, W Reagan, Adam Victor Reed, Chris Reeve, Chris Ridpath, Lee Roberts, Mark Rogers, Raph de Rooij, Gregory J. Rosmaita, Matthew Ross, Sharron Rush, Joel Sanda, Janina Sajka, Roberto Scano, Gordon Schantz, Tim van Schie, Wolf Schmidt, Stefan Schnabel, Cynthia Shelly, Glenda Sims, John Slatin, Becky Smith, Jared Smith, Andi Snow-Weaver, Neil Soiffer, Mike Squillace, Michael Stenitzer, Diane Stottlemyer, Christophe Strobbe, Sarah J Swierenga, Jim Thatcher, Terry Thompson, Justin Thorp, David Todd, Mary Utt, Jean Vanderdonckt, Carlos A Velasco, Eric Velleman, Gijs Veyfeyken, Dena Wainwright, Paul Walsch, Daman Wandke, Richard Warren, Elle Waters, Takayuki Watanabe, Gian Wild, David Wooley, Wu Wei, Kenny Zhang, Leona Zumbo.

有効な資金提供者

この出版物は、当初は契約番号 ED-OSE-10-C-0067 のもとで、現在は契約番号 HHSP23301500054C のもとで米国保健福祉省・障害者自立生活リハビリテーション研究所 (NIDILRR) の政府資金によって一部賄われている。この出版物の内容は、必ずしも米国保健福祉省又は米国教育省の見解や政策を反映するものではなく、また商品名、商用製品、組織の言及は米国政府による支持を意味するものではない。