ズーム機能をサポートする一般に入手可能なユーザエージェントのあるウェブコンテンツ技術を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

ズーム機能を提供するユーザエージェントのある全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 1.4.4: テキストのサイズ変更 (十分な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、ズーム機能でテキストサイズを変更するユーザエージェントによってサポートされたウェブ技術を使用することによって、均一にコンテンツを拡大縮小できることを保障することである。

コンテンツを均一に拡大縮小できる (すなわち、コンテンツにズームインできる) ユーザエージェントによってサポートされたウェブコンテンツ技術で制作されたコンテンツは、この達成基準を満たす。 この達成方法は、完全にユーザエージェントの機能に依存するため、さまざまなユーザエージェントを用いて検証することが重要である。

この達成方法では、ズーム機能を用いてもページ上の全ての空間的な関係が保持され、全ての機能が継続して利用可能である必要がある。

事例

訳注:

ブラウザのズーム機能については、上記のブラウザだけでなく、ほとんどのモダンブラウザで提供されている。

検証

手順

  1. ユーザエージェントでコンテンツを表示する。
  2. そのコンテンツを 200% にズームする。
  3. 全てのコンテンツ及び機能が利用可能かどうかを確認する。

期待される結果

  • 3.の結果が真である。