達成基準 3.3.2: ラベル又は説明を理解する

達成基準 3.3.2 ラベル又は説明 (レベル A): コンテンツが利用者の入力を要求する場合は、ラベル又は説明文が提供されている。

意図

この達成基準の目的は、期待される入力データが何なのかを利用者が知ることができるように、コンテンツ作成者にフォーム内のコントロールを特定する説明又はラベルを提示させることである。特に一般的なフォーマットではない場合、又は正しい入力のための特定のルールがある場合、入力欄のデータフォーマットを説明文又はラベルで明示してもよい。特に説明が長く詳細である場合、個々のコントロールがフォーカスを受け取ったときだけそのような説明文を利用者が利用できるように作ることをコンテンツ制作者は選択してもよい。

この達成基準の意図は、ページを不要な情報だらけにしてしまうことではなく、障害のある利用者に役立つ重要な手がかり及び説明文を提供することである。情報又は指示が多すぎると、少なすぎる場合と同じくらい有害になることもある。目標は、利用者の混乱を最小限に抑えて、必要以上のナビゲーションを提供することなく、利用者がタスクを完了するために十分な情報を提供することである。

この達成基準では、ラベル又は説明が正確にマークアップされる、識別される、又はそれぞれのコントロールに関連付けられることを要求しているわけではない。この観点は、1.3.1:情報及び関係性で個別に扱われる。なお、コンテンツが達成基準 1.3.1 に失敗している (ラベル又は説明が正しくマークアップ、識別、又は関連付けられていない) 場合でも、この達成基準には合格している (関連するラベル及び説明が提供されている) 場合がある。

さらに、この達成基準では、フォームのコントロール及び入力欄にアクセシブルな名前 (accessible name) 又は説明を提供するための代替方法が使用されているかどうかは考慮されない。この観点は、4.1.2: 名前 (name)・役割 (role) 及び値 (value) で個別に扱われる。コントロール及び入力欄が適切なアクセシブルな名前 (accessible name) 又は説明 (例えば、aria-label = "..."を使用する) を持ち、よって達成基準 4.1.2 に合格することが可能であるが、この達成基準には失敗する (支援技術を使用しているユーザーだけでなく、すべてのユーザーにラベル又は指示が提示されていない) 場合がある。

この達成基準では、コントロールと入力欄にラベルをつける必要があるが、これらのラベルが十分に明確で説明的であるかどうかは、2.4.6:見出し及びラベルを理解するで個別に扱われる。

メリット

事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

  1. G131: 説明的なラベルを提供する AND one of the following:

  2. H44: テキストラベルとフォームコントロールを関連付けるために、label 要素を使用する
  3. FLASH32: フォームコントロールにテキストラベルを関連付けるために、自動ラベリングを使用する
  4. FLASH29: フォームコンポーネントに label プロパティを設定する
  5. FLASH25: アクセシブルな名前 (accessible name) を設定することによって、フォームコントロールにラベルを付ける
  6. PDF10: PDF 文書内のインタラクティブなフォームコントロールにラベルを付ける
  7. SL26: Using LabeledBy to Associate Labels and Targets in Silverlight
  8. H71: fieldset 要素及び legend 要素を使用して、フォームコントロールのグループに関する説明を提供する
  9. FLASH8: フォームコントロールのアクセシブルな名前 (accessible name) にグループ名を追加する
  10. SL8: Displaying HelpText in Silverlight User Interfaces
  11. G167: テキストフィールドの目的をラベル付けするために隣接するボタンを用いる
注記

上記のリストの一番最後にある達成方法は、「最後の手段」として考え、その他の達成方法をページに適用することができないときだけに用いるべきである。より広範囲の利用者層にとってのアクセシビリティを向上させるという意味でも、一番最後の達成方法以外の達成方法を推奨する。

参考達成方法

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

ラベル (label)

テキスト、又はテキストによる代替を伴うコンポーネントで、ウェブコンテンツ内のコンポーネントを識別するために利用者に提示されているもの。

注記

名前 (name) は隠されていて支援技術に対してだけ明らかにされる場合がある一方で、ラベルはすべての利用者に提示される。多くの場合 (すべてではないが)、名前 (name) とラベルは同じである。

注記

ラベルという用語は、HTML における label 要素だけに限定されない。