ガイドライン 1.1: テキストによる代替を理解する

ガイドライン 1.1 テキストによる代替: すべての非テキストコンテンツには、拡大印刷、点字、音声、シンボル、平易な言葉などの利用者が必要とする形式に変換できるように、テキストによる代替を提供すること。

意図

このガイドラインの目的は、すべての非テキストコンテンツが、テキストでも利用可能であるようにすることである。「テキスト」とは、文字画像ではなく、電子テキストを指す。電子テキストには、提示中立であるという類を見ない利点がある。すなわち、テキストは、視覚的、聴覚的、触覚的、又は任意の組み合わせによってレンダリング可能だということである。結果として、電子テキストでレンダリングされる情報は、利用者のニーズを最もよく満たすどのような形態であれ提供可能なのである。テキストはまた、容易に拡大する、読字障害のある利用者にとっても理解しやすい形で音声読み上げをする、利用者のニーズを最もよく満たす触覚形式でレンダリング可能である。

注記

コンテンツをシンボルに変換することは、発達障害や発話理解困難のある利用者のために図記号に変換することを含むが、シンボルはこういった用途に限定されない。

訳注

シンボルとは、対象となる事物を分かりやすく表現した「絵」のことを指す。シンボルの具体的な例については、JIS 絵記号と PIC シンボル - 日本 PIC 研究会及び第4章 住みよい環境の基盤づくり 第2節 4|令和2年版障害者白書(全体版) - 内閣府を参照のこと。

このガイドラインの達成基準

重要な用語

テキスト (text)

プログラムによる解釈が可能な文字の並びで、自然言語で何かを表現しているもの。


訳注: このページは、2020 年 12 月 2 日版の Understanding WCAG 2.1 の翻訳です。2020 年 12 月 2 日版の原文は WAIC の管理するレポジトリから入手可能です。