達成基準 3.3.3: エラー修正の提案を理解する

達成基準 3.3.3 エラー修正の提案: (レベル AA): 入力エラーが自動的に検出され、修正方法を提案できる場合、その提案が利用者に提示される。ただし、セキュリティ又はコンテンツの目的を損なう場合は除く。

意図

この達成基準の意図は、可能であれば、利用者が入力エラーを修正するのに適切な修正方法を入手できるようにすることである。「入力エラー」の WCAG 2.0 での定義は、システムによって「利用者が提供した情報で、受け付けられないもの」であるとされている。受け付けられない情報の例には、必須だが利用者によって省略された情報や、利用者によって提供されたが、必要なデータ形式や許容値の範囲外である情報が含まれる。

達成基準 3.3.1 は、入力エラー箇所を通知するためのものである。しかし、例えば、認知的な制約のある利用者は、入力エラーの修正方法を理解するのが困難なことがある。視覚障害のある利用者は、入力エラーの修正方法を正確に把握することができないことがある。フォーム送信がうまくいかなかった場合、利用者はエラーが発生したことには気づいていたとしても、そのエラーを修正する方法が分からないために、そのフォームを途中であきらめてしまうかもしれない。

コンテンツ制作者はエラーの説明を提供してもよく、又はユーザエージェントは技術固有な、プログラムによる解釈される情報に基づいてエラーの説明を提供してもよい。

メリット

事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

注記

二つ以上の状況が適用される場合もある。例えば、必須フィールドが特別なデータフォーマットを要求する場合である。

十分な達成方法

そのコンテンツに合致する状況を以下から選択すること。それぞれの状況には、WCAG ワーキンググループがその状況において十分であると判断する、番号付の達成方法 (又は、達成方法の組み合わせ) がある。

状況 A: 必須のフィールドに情報が入力されていない場合:

  1. G83: 入力が完了していない必須項目を特定するために、テキストの説明を提供する
  2. ARIA2: aria-required プロパティによって必須項目を特定する
  3. PDF5: PDF フォームで必須項目のフォームコントロールを示す
  4. SL35: Using the Validation and ValidationSummary APIs to Implement Client Side Forms Validation in Silverlight

状況 B: フィールドの情報に、特別のデータフォーマットが要求される場合:

  1. ARIA18: エラーを特定するために aria-alertdialog を使用する
  2. G85: 利用者の入力が要求されたフォーマット又は値の範囲外の場合に、テキストの説明を提供する
  3. G177: テキストの修正候補を提示する
  4. SCR18: クライアントサイドのバリデーション及びアラートを提供する
  5. SCR32: クライアントサイドのバリデーションを提供し、DOM を介してエラーテキストを追加する
  6. FLASH12: クライアントサイドのバリデーションを提供し、アクセシブルな説明 (accessible description) によってエラーテキストを追加する
  7. PDF22: PDF フォームにおいて、利用者の入力が必須形式又は値の範囲外となった場合に、そのことを明示する

状況 C: 利用者の入力する情報は、複数の限定された値のうちの一つであることが要求される場合:

  1. ARIA18: エラーを特定するために aria-alertdialog を使用する
  2. G84: 利用者が許可された値のリストにない情報を与えた場合に、テキストの説明を提供する
  3. G177: テキストの修正候補を提示する
  4. SCR18: クライアントサイドのバリデーション及びアラートを提供する
  5. SCR32: クライアントサイドのバリデーションを提供し、DOM を介してエラーテキストを追加する
  6. FLASH12: クライアントサイドのバリデーションを提供し、アクセシブルな説明 (accessible description) によってエラーテキストを追加する
  7. PDF22: PDF フォームにおいて、利用者の入力が必須形式又は値の範囲外となった場合に、そのことを明示する

参考達成方法

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

クライアントサイドのスクリプトの達成方法 (参考)

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

入力エラー (input error)

利用者が入力した情報で、受け付けられないもの。

注記

以下のものが含まれる:

  1. そのウェブページでは必須であるが、利用者が入力しなかった情報
  2. 利用者が入力したが、要求されたデータ形式あるいは値ではない情報