ガイドライン 3.3: 入力支援を理解する

ガイドライン 3.3 入力支援: 利用者の間違いを防ぎ、修正を支援すること。

意図

誰でもミスをすることがある。しかし、ある種の障害のある人は、エラーを起こさずに入力するのがより困難である。さらに、エラーを起こしたことに気づきにくいこともある。視野が限られている、色の知覚に制限がある、又は支援技術を使用しているという理由で、エラーを指摘する一般的な方法が障害のある利用者には分かりにくいことがある。このガイドラインは、重大な又は元の状態に戻すことのできないエラーの数を減らして、利用者がすべてのエラーに気づけるようにするとともに、エラーを修正するにはどうすればよいかを利用者が分かるようにしようとするものである。

このガイドラインの達成基準


訳注: このページは、2020 年 12 月 2 日版の Understanding WCAG 2.1 の翻訳です。2020 年 12 月 2 日版の原文は WAIC の管理するレポジトリから入手可能です。