達成基準 2.2.2: 一時停止、停止、非表示を理解する

達成基準 2.2.2 一時停止、停止、非表示 (レベル A): 動きのある、点滅している、スクロールする、又は自動更新する情報は、次のすべての事項を満たしている

動き、点滅、スクロール

動きのある、点滅している、又はスクロールしている情報が、(1) 自動的に開始し、(2) 5 秒よりも長く継続し、かつ、(3) その他のコンテンツと並行して提示される場合、利用者がそれらを一時停止、停止、又は非表示にすることのできるメカニズムがある。ただし、その動き、点滅、又はスクロールが必要不可欠な動作の一部である場合は除く。

自動更新

自動更新する情報が、(1) 自動的に開始し、 (2) その他のコンテンツと並行して提示される場合、利用者がそれを一時停止、停止、もしくは非表示にする、又はその更新頻度を調整することのできるメカニズムがある。ただし、その自動更新が必要不可欠な動作の一部である場合は除く。

画面がちらつく、又は閃光を放つコンテンツに関する要件は、ガイドライン 2.3 を参照。

この達成基準を満たさないコンテンツでは、利用者がそのウェブページ全体を使用できない恐れがあるため、ウェブページ上のすべてのコンテンツは他の達成基準を満たすために用いられているか否かにかかわらず、この達成基準を満たさなければならない。適合要件 5: 非干渉を参照。

定期的にソフトウェアによって自動的に更新されるコンテンツ、又はユーザエージェントにストリーム配信されるコンテンツでは、コンテンツ再生の一時停止と再開の操作の間に生成、又は受信される情報を保持、又は提示する必要はない。これは技術的に不可能であることが考えられ、多くの状況において利用者の混乱を招くことにつながる可能性があるためである。

コンテンツの読み込み中やそれに類似した状況の一部として表示されるアニメーションについては、この段階ですべての利用者に対していかなるインタラクションも発生する可能性がなく、かつコンテンツ読み込みの進行状況を表示しないことが利用者の混乱を招いたり、コンテンツが動作を停止した、又はコンテンツが破損しているという誤解を生じたりする可能性がある場合には、必要不可欠なものと考えることができる。

意図

この達成基準の意図は、利用者がウェブページとやりとりしている間、他の事に注意をそらされないようにすることである。

「動き、点滅、スクロール」は、目に見えるコンテンツが動きの感覚を伝えているコンテンツのことを指している。一般的な例は、動画、同期したメディアによる提示、アニメーション、リアルタイムのゲーム、スクロールする株価表示などがある。「自動更新」は、あらかじめ設定された間隔で更新したり、消えたりするコンテンツのことを指している。一般的な時間依存コンテンツは、音声、自動的に更新される天気情報、ニュース、株価更新、及び自動進行する提示やメッセージなどがある。動き、点滅、スクロールするコンテンツ及び自動更新するコンテンツに対する要件は、次のものを除いて同じである:

動きのある又は自動更新するコンテンツは、動きのあるオブジェクトを追うのが困難な利用者だけでなく、動かないテキストをすばやく読み取ることが困難な利用者にも障壁になりうる。スクリーンリーダーにも問題が発生する可能性がある。

特定のグループ、具体的には注意欠陥障害をもつグループは、点滅しているコンテンツに気を取られ、ウェブページの他の部分に集中することが困難となる。5 秒は、利用者の注意を引くのに十分な長さであるが、ページを使用するために利用者が必要に応じて待つことができないほど長くはないために選択された。

一時停止したコンテンツは、リアルタイムで再開するか、利用者が一時停止したところから再生を続けるかのどちらかである。

  1. 一時停止した後、利用者が一時停止したところから再開することが、コンテンツを読むために一時停止したいと思う利用者にとっては最適であり、コンテンツがリアルタイムのイベント又は状態に関係のないときには最も良い方法である。

    注記

    読むための制限時間に関するその他の要件については、達成基準 2.2.1 タイミング調整可能 を参照のこと。

  2. 一時停止した後、(一時停止を解除した時に) 最新の表示へ移ることが、リアルタイム又は本来の「状態」にある情報にとってよりよいことである。例えば、気象レーダー、株価表示、交通情報カメラ、又はオークションのタイマーなどは、コンテンツ再開時に一時停止したことで古い情報が表示されると、誤った情報を提供してしまうことになる。

    注記

    コンテンツを非表示にすることは、一時停止した後、(一時停止を解除した時に) 最新の表示へ移るのと同じ効果が得られる。

メカニズムが「利用者が一時停止するためのメカニズム」と判断されるためには、それが利用者に一時停止の手段として提供されつつも、利用者やフォーカスをそこに縛り付けてページが使用できなくなるようなものではない必要がある。ここでの「一時停止」という単語は「一時停止ボタン」という意味で使われているが、ボタンではないほかのメカニズムを使用することもできる。利用者がフォーカスしている時だけアニメーションが停止する(そしてフォーカスを解除し次第再開する)ようなものは、その過程でページが使い物にならなくするため「利用者が一時停止するためのメカニズム」とは判断されず、この達成基準も満たさないだろう。

「点滅」と「閃光」は、同じコンテンツを指すこともあることに注意することが重要である。

メリット

事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

  1. G4: コンテンツを一時停止させて、一時停止させたところから再開できるようにする
  2. SL11: Pausing or Stopping A Decorative Silverlight Animation
  3. SL12: Pausing, Stopping, or Playing Media in Silverlight MediaElements
  4. SCR33: コンテンツをスクロールし、かつそれを一時停止するメカニズムを提供するためにスクリプトを使用する
  5. FLASH35: Flash コンテンツをスクロールさせて、それを停止させるメカニズムを提供するために、スクリプトを使用する
  6. G11: 5 秒未満で点滅するコンテンツを制作する
  7. G187: ユーザエージェントによって点滅するコンテンツを停止できるウェブコンテンツ技術を使用する
  8. G152: (5 秒以内の) 数回のループ後に点滅を停止するように、アニメーション GIF を設定する
  9. SCR22: 点滅を制御し、5 秒以内に停止させるために、スクリプトを使用する
  10. FLASH36: 点滅を制御し、5 秒以内に点滅を停止させるために、スクリプトを使用する
  11. G186: 動きのあるコンテンツ、点滅するコンテンツ、又は自動更新するコンテンツを停止させるコントロールを使用する
  12. G191: 点滅するコンテンツのないページを再読み込みするリンク、ボタン、又はその他のメカニズムを提供する
  13. SL24: Using AutoPlay to Keep Silverlight Media from Playing Automatically

参考達成方法

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

点滅 (blinking)

注意を引く意図で、二つの視覚的な状態を交互に切り替えること。

注記

閃光も参照。ある程度の面積をもち、ある程度の明るさ、特定の頻度で点滅するものは、閃光に分類されることもありうる。

必要不可欠 (essential)

もし取り除いてしまうと、コンテンツの情報あるいは機能を根本的に変えてしまい、かつ、適合する他の方法では情報及び機能を実現できない。

一時停止 (paused)

利用者の要求により停止し、利用者の要求があるまで再開しない。