ガイドライン 2.2: 十分な時間を理解する

ガイドライン 2.2 十分な時間: 利用者がコンテンツを読み、使用するために十分な時間を提供すること。

意図

障害のある多くの利用者は、大多数の利用者よりもタスクを完了するのにより多くの時間を必要とする。障害のある利用者は、身体的に反応するのにより時間がかかることがある、何かを読むのにより時間がかかることがある、ロービジョンのために何かを見つけたり読んだりするのにより時間がかかることがある、又は、より時間を要する支援技術によってコンテンツにアクセスすることがある。このガイドラインは、利用者が個別の反応時間でコンテンツに要求されるタスクを完了できるようにすることに焦点を当てている。主なアプローチは、制限時間を取り除くこと、又はタスクを完了するために十分な追加時間を利用者に提供することを挙げている。これが不可能な場合に対する例外が提供されている。

参考達成方法

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

このガイドラインの達成基準