ガイドライン 2.5: 入力モダリティを理解する

ガイドライン 2.5 入力モダリティ: ユーザーがキーボード以外の様々な入力を通じて機能を操作しやすくすること。

意図

すべての機能は、ポインタ入力デバイス、例えばマウスポインタ、タッチスクリーンに作用する指、電子ペンシル/スタイラス、又はレーザーポインタを介して、アクセシブルであるべきである。

ポインタ入力デバイスを操作している人は、時間経過を伴うまたは複雑なジェスチャを実行できない場合がある。例えば、ドラッグアンドドロップジェスチャや、タッチスクリーンにおけるスワイプジェスチャ、スプリットタップ、長押し、などである。本ガイドラインは、コンテンツ制作者による複雑で時間経過を伴うジェスチャの提供を妨げるものではない。しかしながら、それらのジェスチャが使用される場合、運動障害を有する利用者が時間経過を伴わない一本指のポインタジェスチャを介してコンテンツとやりとりすることを可能にするために、代替入力方法が提供されるべきである。

多くの場合、マウス入力、タッチ入力、キーボード入力、音声入力など、複数の入力方法を提供するデバイスが使用される。これらの入力方法は、例えばマウス操作のための平面の利用可能性や、環境光の動き又は変化による状況的障害などの事情に応じて、利用者がいつでも好ましい入力方法を切り替えることができるように、同時にサポートされるべきである。

ポインタによるインタラクションの一般的な要件は、利用者がターゲット上にポインタを置くことができることである。タッチ入力では、ポインタ (指) はマウスカーソルよりも大きく、精度も低くなる。運動障害のある人の場合、ターゲットを大きくすると、ポインタを正しく置いてターゲットをアクティブにするのが簡単になる。

メリット

このガイドラインの達成基準