達成基準 2.5.1: ポインタのジェスチャを理解する

達成基準 2.5.1 ポインタのジェスチャ (レベル A): マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャを使って操作する機能はすべて、軌跡ベースのジェスチャなしのシングルポインタで操作することができる。ただし、マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャが必要不可欠である場合は例外とする。

この要件は、ポインタの動作を解釈するウェブコンテンツに適用される (ユーザエージェントや支援技術の操作に必要なアクションには適用されない)。

意図

この達成基準の意図は、多様なポインティングデバイスの単純な入力でコンテンツを操作できるようにすることである。これは、利用者が操作に必要な正確さを欠いているために、もしくは機能又は正確さを欠くポインティング方法を利用しているかのいずれかのために、マルチポイントや軌跡に基づくジェスチャのような、複雑なジェスチャを正確に実行できない利用者にとって重要である。

軌跡ベースのジェスチャは、ジェスチャの成功が終点だけでなく、利用者のポインタによる動きの軌跡に依存するユーザインタフェースを含む。例えば、スライダーのつまみを (移動方向に依存しながら) スワイプしてドラッグしたり、特定の形状の描画のように、定められた軌跡をトレースするジェスチャなどがある。このような軌跡は、タッチスクリーン、ペンタブレット又はトラックパッド上の指もしくはスタイラスペン、マウス、ジョイスティック又は同様のポインタデバイスを用いて描画されるかもしれない。

利用者は、微細な運動制御が損なわれている場合もしくはヘッドポインタ、視線システム又は音声制御マウスエミュレーションなどの特殊化されたもしくは適合された入力デバイスを使用する場合、これらを達成することが困難又は不可能であると感じることがある。

この達成基準では、自由形式のドラッグ&ドロップ操作は軌跡ベースのジェスチャとは見なされないので注意すること。

マルチポイントジェスチャの例には、2 本指のピンチズーム、1 本目の指を画面上に置いて 2 本目の指をタップするスプリットタップ、2 本指もしくは 3 本指のタップ又はスワイプが含まれる。利用者は、上記いずれかの原因に加えて、単一の指又は棒でタイプ又はポイントする場合、これらを達成することが困難又は不可能であると感じることがある。

コンテンツ制作者は、そのような複雑なジェスチャなしにコンテンツを操作できることを保証しなければならない。マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャを実装する場合、機能がシングルポイントの動作によっても操作できることを保証しなければならない。タッチスクリーン又はタッチパッド上での、シングルポイントの動作に関する例には、タップ、ダブルタップ及びロングプレスがある。マウス、トラックパッド、ヘッドポインタ、又は同様のデバイスについての例には、シングルクリック、クリック&ホールドそしてダブルクリックが含まれる。

達成基準は、オペレーティングシステム又はユーザエージェントのレベルで定義されたジェスチャとは対照的に、コンテンツ制作者が作成したジェスチャに適用される。オペレーティングシステムレベルで提供されるジェスチャの例としては、システム通知を表示するスワイプダウンや、オペレーティングシステムへ組み込まれた支援技術 (AT) のためのコンテンツへのフォーカスや有効化、支援技術のメニューの呼び出しを行うジェスチャが挙げられるだろう。ユーザエージェントが実装するジェスチャの例としては、ページ履歴内を移動するためにブラウザが実装する水平方向のスワイプや、ページのコンテンツをスクロールするために用いられる垂直方向のスワイプなどがある。

一部のオペレーティングシステムでは、複雑なジェスチャを置き換えるための “マクロ” を定義する方法が提供するかもしれないが、コンテンツ制作者はそのような機能に頼ることができない。なぜなら、すべてのタッチ対応プラットフォームに普及しているわけではないからである。加えて、これは利用者が事前に定義することができる標準的なジェスチャに対しては機能するかもしれないが、コンテンツ制作者が定義した他のジェスチャに対しては機能しない場合がある。

この達成基準は、ポインティングデバイスを介して全ての機能が利用可能であることを要求しないが、ポインティングデバイスを使用しているが複雑なジェスチャを実行できない利用者が利用可能でなければならない。コンテンツ制作者は、複雑なジェスチャと同等の動作を実行するキーボードコマンド又は他の非ポインタメカニズムを提供することができるとはいえ (達成基準 2.1.1 キーボードを参照)、この達成基準に適合するためには十分ではない。これは一部の利用者がポインティングデバイスに完全に依存しているか、代替手段よりも単純なポインタ入力をずっと簡単に理解するからである。例えば、利用者がヘッドポインタに依存している場合、スクリーンキーボードを動作させてキーボードショートカットをエミュレートするよりも、コントロールをクリックする方がはるかに便利と感じるだろうし、一連のキー (又はジェスチャ) を覚えるのが困難な利用者は、ラベル付きコントロールをクリックする方がはるかに簡単であると感じるだろう。したがって、一つ以上のポインタベースのメカニズムがサポートされている場合、それらの恩恵は、単純かつ単独のシングルポイントによる動作を通して利用者に提供される必要がある。

ただし、本質的かつ必然的に複雑な軌跡又はマルチポイントジェスチャに基づく機能により例外ができる。例えば、署名の入力は (何かを認証したり、身元を確認する必要はないが) 本質的に軌跡ベースだろう。

メリット

事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

  • GXXX: 軌跡ベースのジェスチャに依存しない

  • GXXX: マルチポイントのジェスチャに依存しない

  • GXXX: 複雑なジェスチャを必要とせず、複雑なジェスチャと同じ機能を実行するコントロールを提供する

  • GXXX: 空間的なポジショニング及び操作によるシングルポイントの動作

参考達成方法

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

  • ポインタ入力で操作できるが、シングルポイントによる動作だけでは操作できない機能。

重要な用語

必要不可欠 (essential)

もし取り除いてしまうと、コンテンツの情報あるいは機能を根本的に変えてしまい、かつ、適合する他の方法では情報及び機能を実現できない。

機能 (functionality)

利用者の操作により実現可能なプロセス及び結果。

シングルポインタ (single pointer)

new

シングルタップやクリック、ダブルタップやクリック、長押し及びパスを基点としたジェスチャを含む、画面と 1 つの接点で動作するポインタ入力