達成基準 2.5.1: ポインタのジェスチャを理解する

達成基準 2.5.1 ポインタのジェスチャ (レベル A): マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャを使って操作する機能はすべて、軌跡ベースのジェスチャなしのシングルポインタで操作することができる。ただし、マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャが必要不可欠である場合は例外とする。

この要件は、ポインタの動作を解釈するウェブコンテンツに適用される (ユーザエージェントや支援技術の操作に必要なアクションには適用されない)。

意図

この成功基準の意図は、さまざまなポインティングデバイス、能力、および支援技術とともにコンテンツをコントロール可能であることを確実にすることである。ジェスチャを正確に実行できない人もいれば、ヘッドポインタ、視線システム、音声制御マウスエミュレーターなどの特殊な又は適合した入力デバイスを使用することもある。ポインティングの方法の中には、マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャを実行する能力又は精度が不足しているものもある。

軌跡ベースのジェスチャには、終点だけでなく、相互作用も含まれる。中間点 (通常はジェスチャの開始近く) を通過することもその意味に影響を与える場合、それは軌跡ベースのジェスチャである。利用者は、ポインタ (始点) を使用し、ポインタ (終点) を解除する前に、少なくとも 1 つの中間点を通過する動きを実行する。中間点は、たとえ完全な軌跡が定義されていないとしても、特定の軌跡を必要とするものとしてジェスチャを定義する。

タッチの開始を示す手、1。2 つ目の点を通過する、2。複数の点の 1 つに行く、3。
図 1 軌跡ベースのジェスチャでは、終点の前に少なくとも 1 つの中間点を通過するポインタの動きを開始する。終点は継続するものであってもよく、又はさまざまな動きを可能にするものであってもよい。

軌跡ベースのジェスチャの例には、インタラクションの方向に応じたスワイプ、スライダー、カルーセル、及び特定の形状の描画などの指定された軌跡をトレースするその他のジェスチャが含まれる。このような軌跡は、タッチスクリーン、ペンタブレットもしくはトラックパッド上で指もしくはスタイラスペンを用いて、又はマウス、ジョイスティックもしくは同様のポインタデバイスを用いて描画されるかもしれない。

始点と終点の間の動きが任意の方向に進む可能性があり、完全に自由あるようなポインタのインタラクションは、軌跡ベースではない。

タッチの開始を示す手、1。2 番目のポイントに移動する、2。非常にランダムな軌跡をたどる。
図 2 自由形式のジェスチャでは、終点の前に特定の経路を必要とせず、始点と (オプションで) 終点のみが重要である。
注記

ポインタの動きは、正確な動きを実行できない人にとって、使用が困難又は不可能である可能性があるため、代替の形式のインタラクションが常に推奨される。この達成基準は、自由形式の軌跡の代替を提供することが困難又は不可能な場合があるため、軌跡ベースのジェスチャに限定される。

マルチポイントジェスチャの例には、2 本指のピンチズーム、1 本目の指を画面上に置いて 2 本目の指をタップするスプリットタップ、2 本指もしくは 3 本指のタップ又はスワイプが含まれる。利用者は、単一の指又は棒でタイプ及びポイントする場合、これらを達成することが困難又は不可能であると感じることがある。

コンテンツ制作者は、マルチポイント又は軌跡ペースのジェスチャなしにコンテンツを操作できることを保証しなければならない。タップ、クリック、ダブルタップ、ダブルクリック、長押し、クリック&ホールドなどの別の方法でも機能を操作できる限りにおいて、マルチポイント又は軌跡ベースのジェスチャを使用することができる。

この達成基準は、オペレーティングシステム、ユーザエージェント、又は支援技術によって定義されたジェスチャではなく、コンテンツ制作者が提供したコンテンツのジェスチャに適用される。 オペレーティングシステムのジェスチャの例としては、システム通知を表示するための下方向へのスワイプ、及び組み込みの支援技術 (AT) ためのジェスチャがある。ユーザエージェントが実装するジェスチャの例としては、ページ履歴内を移動するためにブラウザが実装する水平方向のスワイプや、ページのコンテンツをスクロールするために用いられる垂直方向のスワイプなどがある。

コンポーネントがタッチスクリーンデバイスでは軌跡ベースのジェスチャを必要とするが、マウスでは必要としないある場合がある。一般的なスライダーを例にとると:

タッチスクリーンデバイスはデフォルトのジェスチャを適用できるため、特定のコンポーネントが軌跡ベースのジェスチャを必要するかどうかわからない場合は、タッチスクリーンデバイスでテストすることが重要である。

タッチスクリーンデバイスのブラウザは一般に、軌跡ベースのジェスチャが必要かどうかに影響を及ぼすいくつかのデフォルトのジェスチャを提供する。例えば、タッチスクリーンデバイス上のウェブブラウザは、垂直方向のジェスチャを検出してページをスクロールすることがある。利用者がスライダーのつまみに指を置いて上に動かすと (下にスクロールするため)、スライダーが作動しないことがあある (実装による)。利用者が最初に水平方向に動かす場合、スライダーはそのジェスチャをキャプチャし、垂直方向の動きを無視して、軌跡のジェスチャを生成することがある。アクセシビリティ サポーテッドとしてタッチスクリーンデバイスを含める場合、同様の方法でマウスを使用しても同じブラウザの動作をトリガーしないため、このタイプのインタラクションはタッチスクリーンでテストする必要がある。

この達成基準では、全ての機能がポインティングデバイスで利用できる必要はないが、ポインティングデバイスで使用できる場合は、軌跡ベースのジェスチャを要求すべきでない。コンテンツ制作者は、複雑なジェスチャと同等の動作を実行するキーボードコマンド又は他の非ポインタメカニズムを一般に提供する必要があるが (達成基準 2.1.1 キーボードを参照)、この達成基準に適合するためには十分ではない。これは一部の利用者がポインティングデバイスに完全に依存しているか、代替手段よりも単純なポインタ入力をずっと簡単に理解するからである。例えば、利用者がヘッドポインタに依存している場合、スクリーンキーボードを動作させてキーボードショートカットをエミュレートするよりも、コントロールをクリックする方がはるかに便利と感じるだろうし、一連のキー (又はジェスチャ) を覚えるのが困難な利用者は、ラベル付きコントロールをクリックする方がはるかに簡単であると感じるだろう。したがって、一つ以上のポインタベースのメカニズムがサポートされている場合、それらの恩恵は、単純かつ単独のシングルポイントによる動作を通して利用者に提供される必要がある。

ただし、本質的かつ必然的に複雑な軌跡又はマルチポイントジェスチャに基づく機能により例外ができる。例えば、署名の入力は (何かを認証したり、身元を確認する必要はないが) 本質的に軌跡ベースだろう。

ドラッグ操作では始点と終点のみが重要であるため、任意の方向へのドラッグを伴うジェスチャは、この達成基準の範囲には含まれない。しかし、そのようなジェスチャには細かい運動制御を必要とする。コンテンツ制作者は、ドラッグしない方法を提供することを勧める。例えば、ドラッグ&ドロップ操作は、(タップ又はキーボード操作で) アイテムを選択し、2 番目のステップとしてその目的地を選択することによっても実現できる。

メリット

事例

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

必要不可欠 (essential)

もし取り除いてしまうと、コンテンツの情報あるいは機能を根本的に変えてしまい、かつ、適合する他の方法では情報及び機能を実現できない。

機能 (functionality)

利用者の操作により実現可能なプロセス及び結果。

シングルポインタ (single pointer)

シングルタップやクリック、ダブルタップやクリック、長押し及びパスを基点としたジェスチャを含む、画面と 1 つの接点で動作するポインタ入力


訳注: このページは、2020 年 12 月 2 日版の Understanding WCAG 2.1 の翻訳です。2020 年 12 月 2 日版の原文は WAIC の管理するレポジトリから入手可能です。