ガイドライン 1.3: 適応可能を理解する

ガイドライン 1.3 適応可能: 情報、及び構造を損なうことなく、様々な方法 (例えば、よりシンプルなレイアウト) で提供できるようにコンテンツを制作すること。

意図

このガイドラインの目的は、例えば、音声で読み上げたり、より単純なレイアウトで提示したりというように、すべての情報をすべての利用者が知覚できるように提供することである。すべての情報が、ソフトウェアによって解釈できる形式で利用可能な場合、情報を様々な方法で (視覚的、聴覚的、触覚的など) 利用者に提示できる。構造及び情報が支援技術経由でプログラムによる解釈ができないような、特定の提示で情報が埋め込まれる場合、その情報は、利用者が必要とするその他の形式でレンダリングできない。

このガイドラインに属する達成基準はすべて、他のモダリティで提示できるようにするために、提示で埋め込まれている様々な種類の情報も利用可能にすることを保証するよう努めるものである。

このガイドラインの達成基準