略語の初出時、その直前又は直後に元の語を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

テキストを提供する全てのウェブコンテンツ技術

この達成方法は、 達成基準 3.1.4: 略語 (G102: 略語の元の語又は説明を提供するの達成方法として十分) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、ウェブページの中で略語が最初に現れたとき、元の語を略語に関連付けることで、略語の元の語を分かるようにすることである。ウェブページで最初の使用箇所を探すことで、すべての略語の元の語を見つけることができる。

英語では、単語、句または名前を、略語、頭文字語、頭字語、又は他の短縮表記によって短くするときは、省略された表記を提供する前に完全な表記を提供するのがよい。こうすることで、テキストが読みやすくなり、多くのスタイルガイドでも勧められている。その他の言語では異なる慣習があることもある。

略語の中には、元の語ではなく説明を必要とするものがあることに注意する。そのような略語には、この達成方法は適切ではない。

この達成方法はウェブページで略語の初出時に適用される。複数のリソースを一つのウェブページに結合するとき、それぞれのリソースの冒頭で略語の元の語が示される。しかしながら、この場合、元の語を提供するための異なる達成方法を使うことが、より適切であるかもしれない。

事例

事例 1

「国際連合難民高等弁務官事務所 (UNHCR) は、1950 年に難民の保護と支援を提供するために設立された。」

「WAI (Web Accessibility Initiative) は、W3C のアクセシビリティへの取り組みを示している。」

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

コンテンツにある略語それぞれに対して:

  1. 作成されたコンポーネントでその略語の最初の使用箇所を探す。
  2. 最初の使用箇所の直前又は直後に、略語の元の語があることを確認する。
  3. その元の語が、略語の使用として正しい元の語であることを確認する。

期待される結果

  • 2. 及び 3. の結果が真である。