WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G88: ウェブページに対して、コンテンツの内容が分かるページタイトルを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、各ウェブページにコンテンツの内容が分かるページタイトルをつけることである。コンテンツの内容が分かるページタイトルがあると、利用者は目的のコンテンツを見つけたり、サイト内で現在位置を確認したり、コンテンツを見てまわったりすることができる。コンテンツの内容が分かるページタイトルによって、利用者は、どのようなウェブページを利用してるのかを容易に特定することができ、その上、別のウェブページに移動したときもすぐにそのことが分かる。また、タイトルにより、利用者は、コンテンツを読んだり、又は解釈したりしなくてもウェブページを特定することができる。また、正確で内容が分かるページタイトルが、サイトマップ又は検索結果のリストにあれば、利用者は必要とするコンテンツをより速く特定することができる。そして、コンテンツの内容が分かるページタイトルがリンクテキストに用いられていれば、利用者は興味のあるコンテンツに、より正確にたどり着くことができる。

各ウェブページのタイトルは次の要件を満たすべきである:

次のようなページタイトルはさらに有益である。

事例

事例 1: 例1:最も重要な識別情報を初めに記載するページタイトル

大きな組織のあるグループによって公開されているウェブページがある。ウェブページのタイトルでは、最初に、ページの話題を特定して、次に、そのグループ名及び組織名を示している。

コード例:

<title>求人情報:グループ名:組織名</title>

事例 2: 例2:コンテンツの内容が分かるページタイトルの付いた同期したメディアによるプレゼンテーション

2004年の南アジアで発生した津波に関する同期したメディアのプレゼンテーションには、「2004年の津波」というタイトルがつけられている。

事例 3: 例3:3つの部分から成る、コンテンツの内容が分かるページタイトルが付与されたウェブページ

ウェブページでは、クローズド・キャプションを作成するためのガイドラインと提案を提供している。 そのウェブページは、大きいサイトの中の「サブサイト」である。ページタイトルはダッシュで3つの部分に分けて示されている。ページタイトルの最初の部分は組織名、2つ目はウェブページが属するサブサイト名、そして3つ目はウェブページ自体を特定している(具体例としては、WGBH – Media Access Group – Captioning FAQを参照。)

事例 4: 例4:新聞のウェブページ

今日の版のみを閲覧できるウェブサイトでは、そのウェブページに「全国のニュース、第一面」というタイトルがつけられている。異なる日の版を閲覧することできるウェブサイトでは、そのページタイトルを「全国のニュース、第一面、2005年10月17日」としている。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. ウェブページにページタイトルがある。

  2. そのページタイトルが、ウェブページのコンテンツに関連している。

  3. そのページタイトルによって、ウェブページを特定できる。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。