WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H25: title 要素を用いて、ページタイトルを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、フレームセットの個々のフレームに含まれるものを含む全てのHTML及びXHTMLドキュメントにおいて、head要素のセクション内でtitle要素を用いてドキュメントの目的を簡単な文言で定義することである。これにより、ページの本文でオリエンテーション情報を探すことなく、利用者はサイト内の自分のいる場所を素早く見つけることができる。

ドキュメント内で一度しか現れない(必須の)title要素は、ほとんど全てのHTML及びXHTMLの要素で利用されるかもしれないtitle属性と異なることに注意する。

事例

事例 1

この事例はドキュメントのタイトルを定義している。

コード例:


		<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
		   <head>
		      <title>ワールドワイドウェブコンソーシアム</title>
		   </head>
		   <body>
		      ...
		   </body>
		</html>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. HTML又はXHTMLドキュメントのソースコードに、head 要素内に空でないtitle要素がある。

  2. title 要素がドキュメントを説明している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。