Office系の文書ファイルも「ウェブページ」扱いになるか

Q

Office系の文書ファイル(WordやExcelで作成した文書ファイル)も「ウェブページ」扱いとなり、アクセシブルにする必要はありますか?

A

URLを指定することでアクセス可能な対象を「ウェブページ」と定義しています。

従って、Office系の文書ファイルが、ユーザエージェント(ブラウザ)によって閲覧されることを意図して公開されている場合は、「ウェブページ」としてアクセシブルにする必要ががあります。PDFファイルやプレーンテキストも考え方は同様です。

なお、Office系ファイルのアクセシビリティ向上方法についてはアプリケーションソフトの各ベンダーから提供されていますので、「参考資料」の「アクセシビリティ関連参考資料(外部リソース)」も参照してください。

補足:Office系の文書ファイルがdownload属性によってリンクされている(ダウンロードを意図して公開されている)場合、ユーザエージェント(ブラウザ)による利用が想定されていませんが、そのような文書でも積極的にアクセシビリティ対応することを推奨します。

(2020年06月09日更新)

このページのトップへ