ウェブページが well-formed であることを確認する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

すべての XML ベースのマークアップ言語。

これは達成基準 4.1.1: 構文解析 (書かれていない達成方法を満たす手段として十分) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、支援技術がコンテンツを解析するときに生じるエラーを避けることである。well-formed については、文書を XML パーサーを用いてチェックし、バリデーションレポートが well-formed に関するエラーを含んでいるかどうかで確認できる。すべての XML パーサーには、well-formed をチェックし、well-formed に関するエラーが見つかったときは、通常の処理を停止することが要求される (XML パーサーは、バリデーションをサポートしていなくてもよい)。

事例

例 1

XML ファイルは、文書タイプ宣言、xsi:schemaLocation 属性あるいは他のタイプのスキーマへのリファレンスを含む。コンテンツ開発者は、オンラインあるいはオフラインのバリデーター、XML エディタもしくは XML サポートのある IDE (下記参考リソースを参照) を用いて、well-formed であることをチェックできる。

例 2

XML ファイルが文書タイプ宣言、xsi:schemaLocation 属性又はスキーマがあるのにスキーマ参照のインストラクションのない処理を含まないとき、関連するスキーマがコマンドラインの指示、ユーザダイアログあるいは (構成) コンフィグレーションファイルで指定されている。そして、XML ファイルがスキーマに対してチェックされている。

例 3

XML ファイルが文書タイプ宣言、xsi:schemaLocation 属性あるいはスキーマがあるのにスキーマ参照のインストラクションのない処理を 含まないとき、名前空間がスキーマ文書又は RDDL (Resource Directory Description Language) を読み出すのに参照されておらず、そして XML ファイルがスキーマに対してチェックされている。

例 4

ウェブサイトが静的な文書ではなく、XML を動的に生成するとき、コンテンツ開発者は XMLUnitXML Test Suite あるいは類似のフレームワークを用いて、生成される XML コードをチェックできる。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

G134: ウェブページをバリデートするの参考リソースを参照のこと。

検証

手順

  1. 各ファイルを XML パーサーにロードする。
  2. well-formedness エラーがないことを確認する。

期待される結果

#2 の結果が真である。