abbr 要素を用いて、略語の定義を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

HTML 及び XHTML。

これは達成基準 3.1.4: 略語 (G102: 略語の元の語又は説明を提供するを満たす方法として十分)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、abbr 要素を用いることで、略語に対して元の語又は定義を提供することである。

abbr 要素は、頭字語や頭文字語を含むあらゆる略語に用いてよい。HTML4 及び XHTML では、頭文字語や頭字語は acronym 要素を用いてマークアップすることもできる。abbr 要素は、頭字語や頭文字語を含むあらゆる略語に用いてよい。HTML5 以降では、より一般的な abbr 要素の利用が提案され、acronym 要素は廃止されている。

訳注

HTML 4、XHTML (XHTML 1.0 及び XHTML 1.1) は Superseded Recommendation としてマークされ、廃止された仕様である。

事例

例 1: abbr 要素を用いて略語の元の語を示す

<p>Sugar is commonly sold in 5 <abbr title="pound">lb.</abbr> bags.</p>
<p>Welcome to the <abbr title="World Wide Web">WWW</abbr>!</p>              

例 2: abbr 要素を用いて略語の定義を示す

<p>Tasini <abbr title="and others">et al.</abbr> <abbr title="versus">v.</abbr>
The New York Times <abbr title="and others">et al.</abbr> is the landmark lawsuit 
brought by members of the National Writers Union against ......</p>  

例 3: abbr 要素を用いて頭字語の元の語を示す

 <p>The use of <abbr title="Keep It Simple Stupid">KISS</abbr> became popular in ...</p>        
            

例 4: abbr 要素を用いて頭文字語の元の語を示す

 <p><abbr title="World Wide Web">WWW</abbr></p>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

  1. 略語それぞれに、abbr 要素で元の語や定義を指定していることを確認する。

期待される結果

  • #1 の結果が真である。