CAPTCHA の目的を説明するために、テキストによる代替を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 1.1.1: 非テキストコンテンツ (十分、G144: 異なるモダリティを用いて同じ目的を果たす、もう一つの CAPTCHA がウェブページに含まれていることを確認するとともに) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、非テキストコンテンツを CAPTCHA として特定するテキストによる代替を介して情報を提供することである。このようなテストはしばしば、ぼやけた画像又は音声ファイルで提示されるテキストを入力するよう利用者に求めることがある。テキストによる代替から、利用者は、CAPTCHA がタスクの完了を要求すること、及びそれがどのようなタスクであるかを理解できるようになる。

CAPTCHA の代替版がある際には、テキストによる代替には、その代替版を見つける方法についての説明を含めるべきである。

事例

検証

手順

  1. CAPTCHA を取り除く、非表示にする、又は覆い隠す。
  2. CAPTCHA をテキストによる代替に置き換える。
  3. テキストによる代替が CAPTCHA の目的を説明していることを確認する。

期待される結果

  • 3. の結果が真である。