達成基準 2.5.4 の失敗例 - 動きによる起動を解除することができない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

揺れや傾きなど、デバイス又は利用者の動きの検出をサポートし、これらの動きを入力手段として利用できる技術を利用したコンテンツ。

これは達成基準 2.5.4: 動きによる起動 (失敗例) に関する達成方法である。

解説

これは、動きによる起動を解除できない場合に陥る失敗条件を記述する。震え又はその他の運動障害により、予期せずセンサーを作動させてしまう可能性のある利用者は、そのような、機能の予期せぬトリガーを防ぐために、動きによる起動をオフにすることができる必要がある。

注記

動きによる起動の達成基準の対象となる動きの種類は、ジオロケーションセンサー又はビーコンによって登録された空間を通る利用者の動き、もしくは利用者による意図的なジェスチャ以外のデバイスによって観測されたイベントは含まない。また、キーボード、ポインタ、又は支援技術の操作に関連した間接的な動きも対象としない。

事例

例 1: 動きによって起動するスライダー

傾きによる動作を利用して入力値を増減させるスライダーで、動作の検出を無効にするメカニズムがない。

動きによる起動を無効化できないスライダーの実装例

検証

手順

動きによるセンサーでトリガーされる各機能について:

  1. 動作によるセンサーの利用が必要不可欠であるか、又は当該機能をアクセシビリティ サポーテッドにすることが必須であるかを確認する。
  2. 動きの検知を無効にする利用者設定があるかを確認する。

期待される結果

  • 手順 #1 及び #2 が偽である場合、そのコントロールは達成基準を満たさないことになる。