WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

色の使用:
達成基準 1.4.1 を理解する

1.4.1 色の使用: 色が、情報を伝える、動作を示す、反応を促す、又は視覚的な要素を判別するための唯一の視覚的手段になっていない。 (レベル A)

注記: この達成基準は、特に色の知覚を扱う。その他の知覚形態については、色やその他の視覚的提示のコーディングへのプログラムによるアクセスも含めて、ガイドライン 1.3で網羅されている。

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、色の違いによって伝えられている情報、言い換えれば、それぞれの色には割り当てられた意味があり、その色を使うことによって伝えている情報に、すべての利用者がアクセスできるようにすることである。画像 (又は、その他の非テキスト形式) で色の違いによって情報を伝えている場合、色覚異常の利用者はその色が分からないかもしれない。この場合、色で伝えている情報を他の視覚的な手段で提供することで、色の分からない利用者もその情報を知覚できる。

色は、感覚的な訴求力、ユーザビリティ、そしてアクセシビリティを高めるため、ウェブコンテンツのデザインにおいて重要なものである。しかし、色を知覚しづらい利用者もいる。ロービジョンの人は、色覚に限界を感じることがよくあり、年配の利用者の多くも色がよく見えない。さらに、テキストしか表示しない、色数が制限されている、又はモノクロのディスプレイ及びブラウザを使用している人は、色だけで提示されている情報を知覚できない。

色の違いで伝えられている情報の例としては、「必須項目は赤字」、「赤字はエラー」、そして「赤がメアリーの売上、青がトムの売上」などが挙げられる。動作を示している例では、リンクが新しいウィンドウで開くことやデータベースの項目が正常に更新されたことを示すために色を使うことがある。また、利用者の反応を促している例には、必須項目が未入力であることを示すためにフォームの入力フィールドを反転表示することが挙げられる。

注記: この達成基準は、ページ上での色の使用、又は他の視覚的な表示と重複する場合に色分けすることを何ら阻むものではない。

達成基準 1.4.1 の具体的なメリット:

  • ロービジョンの利用者が、色覚の限界を感じることがよくある。

  • 年配の利用者は、色がよく見えないかもしれない。

  • 色覚異常の利用者が、色で伝えられている情報をその他の視覚的な手段で知覚できるようになる。

  • テキストしか表示しない、色数の制限された、又はモノクロのディスプレイを使用している人は、色に依存している情報を知覚できないかもしれない。

  • 色の識別に問題を抱える利用者が、テキストの手がかりを見たり、聞いたりすることができる。

  • 点字ディスプレイ又は他の触覚インタフェースの人が、タッチすることでテキストキューを検出できる。

達成基準 1.4.1 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 1.4.1 の達成方法及び失敗例 - 色の使用

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

使用法: そのコンテンツに合致する状況を以下から選択すること。それぞれの状況には、WCAG ワーキンググループがその状況において十分であると判断する、番号付の達成方法 (又は、達成方法の組み合わせ) がある。

状況 A: 特定の語句、背景、又は他のコンテンツの色を用いて情報を示している場合:

  1. G14: 色の違いで伝えている情報をテキストでも入手可能にする

  2. G205: フォーム・コントロールの、色がついたラベルに対して、テキストによる手がかりを提供する

  3. G182: テキストの色の違いで情報を伝える際は、視覚的な手がかりを補足する

  4. G183: 色の違いだけで示されているリンク又はコントロールは、その文字色と周囲にあるテキストとのコントラスト比を 3:1 以上にして、フォーカスを受け取ったときには視覚的な手がかりを補足して強調する

状況 B: 情報を伝える画像の中で色を用いている場合:

  1. G111: 色とパターンを併用する

  2. G14: 色の違いで伝えている情報をテキストでも入手可能にする

1.4.1 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。