WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G83: 入力が完了していない必須項目を特定するために、テキストの説明文を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

利用者の入力が必須の項目があるコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、入力の必要な項目が未入力であることを利用者に知らせることである。利用者が必須のフォーム項目に入力しなかった場合には、どの項目を入力しなかったのかが利用者に分かるように、その情報をテキストで提示する。一つのアプローチとして、クライアントサイドでのバリデーションを用いて、未入力のままになっている必須項目を特定するアラートのダイアログボックスを提供する方法がある。また、もう一つのアプローチとしては、サーバサイドでのバリデーションを用いて、フォームを再表示し(すでに入力されたデータも含む)、未入力のままになっている必須項目の場所にテキストでの説明を入れるか、テキストでの説明文によって未入力のままになっている項目を特定する方法がある。

注記: エラーが起きたことに気づかぬまま、フォームが正常に機能していないと仮定する利用者もいるので、メッセージやアラートを提示するのは良い方法である。また、ページタイトル(title要素)でエラーを知らせるのも、良い方法である。なぜならスクリーン・リーダーの利用者は、新しいページが返ってくるやいなや、そのページのメインコンテンツエリアを読むことなく、ページが正常に送信されたと信じて別のページに遷移しがちだからである。

事例

検証

チェックポイント

  1. 一つ又は複数の必須項目への入力を故意にせず、フォームを記入してから送信する。

  2. 未入力のままになっている必須項目を特定する説明がテキストで提供される。

  3. そのデータが再表示されることが適切ではない、セキュリティに関連するフィールド(例:パスワード)にない限り、利用者によって入力済みのデータが再表示される。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。