WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G85: 利用者の入力が要求されたフォーマット又は値ではなかった際に、テキストの説明文を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

利用者のデータ入力を受け付け、そのフォーマット、値及び/又は入力の種類に制限があるコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、利用者によって提供された情報が受け付けられない場合に、入力エラーの修正を支援することである。利用者による入力データをバリデートした結果、入力エラーが検出された場合に、この入力エラーの内容と場所に関する情報をテキストで提供することによって、利用者は問題のある箇所を特定することができる。一つのアプローチとして、クライアントサイドでのバリデーションを用いて、利用者が無効なデータを項目に入力すると、即座にエラーを説明するアラートのダイアログボックスを提示する方法がある。また、もう一つのアプローチとして、サーバサイドでのバリデーションを用いて、フォームを再表示し(すでに入力されたデータも含む)、ページの上部にテキストでの説明文を表示して、エラーがあったことを知らせるとともに問題の内容を説明して、利用者が問題のあった項目を簡単に見つけられるような方法を提供することがある。

ただし、テキストでの説明は、どのように提供するとしても、次のいずれかの方法に則って、利用者を支援すべきである:

事例

検証

チェックポイント

  1. 要求されているフォーマット又は値ではない入力を故意に行う。

  2. エラーになった項目を特定して、無効な入力の内容及びその修正方法に関する情報を提供する説明文がテキストで提供される。

  3. そのデータが再表示されることが適切ではない、セキュリティに関連するフィールド(例: パスワード)にない限り、利用者によって入力済みのデータが再表示される。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。