WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G205: フォーム・コントロールの、色がついたラベルに対して、テキストによる手がかりを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

色とテキストをサポートするすべてのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、情報を伝えるために、色と、テキスト又は文字による手がかりを併用することである。ほとんどの利用者は色の差を用いた情報を素早く認識できる。色を識別できない利用者は、視覚的又は聴覚的にテキストによる手がかりを認識する。点字ディスプレイや、他の触覚インタフェースを使っている人々は触ることでテキストによる手がかりを見つけられる。

テキストによる手がかりは、フォームコントロールの、プログラムで解釈可能な名前の一部に含まれていなければならない。

事例

事例 1: HTMLフォームの必須項目

オンラインフォームで「必須項目は赤で示され、(必須)とマーク付けされている。」と指示されている。「(必須)」という手がかりがlabel要素の中に含まれる。

コード例:

<label for="lastname" class="required">名前 (必須): </label>
<input id="lastname" type="text" size="25" value=""/>
<style type="text/css">
  .required {
    color:red;
  }
</style>

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

色の差で情報を表示しているコンテンツの場合:

  1. 同じ情報がテキスト又は文字による手がかりでも認識できる。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。