WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G184: フォーム又はテキスト・フィールド一式の先頭に、必要とされる入力フォーマットを説明するテキストの説明文を提供するt

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、利用者が入力しなければならないデータのフォーマットに関する制限を事前に知らせることによって、利用者が入力エラーを回避するのを助けることである。そのような制限に関する情報を一連のフォームの先頭で提示する。この方法は、少数のフィールドからなるフォーム、又は複数のフィールドが同じフォーマットのデータを要求するようなフォームにおいて最も有効である。このようなケースでは、フォーマットの説明をフォームの先頭に置く説明文で一度だけ提示するほうが、同じ説明を同一のフォーマット制限が要求されるフィールドすべてについて繰り返すよりも効果的である。

事例

事例 1

あるビジネスネットワーキングのサイトでは、利用者が自分の職歴に関する説明を投稿することができる。情報を入力するフォームには、企業名、役職、業務開始及び終了年月日、そして業務の説明などのフィールドがある。フォームの先頭には以下のような指示がある:

事例 2

ある企業内アドレス帳では、利用者が自分のプロフィールを編集して、電話番号や職務内容をカスタマイズできるようになっている。フォームの先頭には以下のような指示がある:

検証

チェックポイント

  1. 利用者の入力データを所定のフォーマットでのみ受け付けるフォーム・コントロールを特定する

  2. フォームの先頭に、1.で特定したフォーム・コントロールすべての所定のフォーマットに関する説明文がある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。