WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G111: 色とパターンを併用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

画像をサポートするウェブコンテンツ技術全て

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、非テキストコンテンツの中で情報を伝達するために色の違いを用いている場合に、色に依存することなく同じ情報を伝達するためにパターン(模様)を併用することである。

事例

事例 1

不動産会社のサイトに、米国のいくつかの地域における平均住宅価格の棒グラフがある。それぞれの地域を表す棒は、異なる色とパターンになっている。色とパターンの色とのコントラスト比は十分にあり、達成基準1.4.1を満たしている。凡例にもそれぞれの棒が識別できるように、同じ色とパターンが使用されている。

事例 2

交通システムのオンライン地図には路線が色分けされている。それぞれの路線上の停車場は菱形、正方形又は円など、区別しやすいアイコンになっており、路線を区別しやすくしている。

事例 3

プロセスを完了するまでのインタラクティブな一連の手順を示すフローチャートがある。フローチャートでは、緑色の背景に破線の矢印で条件を満たした場合に進む次のステップを示しており、赤の背景に点線の矢印で条件を満たしていない場合に進む次のステップを示している。線と背景色には達成基準1.4.1を満たす十分なコントラストがある。

事例 4

コンテンツにはインタラクティブなゲームがある。4人分のゲームのコマは、色とパターンの両方を使っておりそれぞれ識別できるようになっている。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

ウェブページ上にある情報を伝達するために色の違いを用いている画像に対して:

  1. 色を用いて伝達されている情報の全てに、色に依存しないパターンも併用している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。