WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F14: 達成基準 1.3.3 の失敗例 - 形又は位置のみでコンテンツを特定している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この達成方法の目的は、コンテンツをその形又は位置のみによって特定すると、コンテンツの理解及び操作が困難になってしまう失敗例について述べることである。視覚的な識別又は位置のみが用いられている場合、視覚障害のある利用者は画面を見ることができないため、又は一度に画面のごく一部しか知覚できないため、そのコンテンツを見つけることが困難になることがある。また、ページのレイアウトがフォント、ウィンドウ又は画面サイズに応じて変化する場合には、コンテンツの位置が変わってしまうこともある。

事例

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. ウェブページ内にあるコンテンツを示しているテキスト情報がある。

  2. テキスト情報がコンテンツの形又は位置だけに依存していない。

判定基準