動画共有サービスの動画を埋め込んだ時の試験

Q動画の配信について質問します。現在、YouTube等の動画共有サービスを用いて動画を配信しており、ウェブページには動画共有サービスへのテキストリンクを設けていますが、ウェブページ上で動画を再生できるよう埋め込んだ場合には、試験にどのように影響しますか?
A一連のプロセスの一部となる場合を除き、テキストリンクから遷移した先(動画共有サービスのサイト)は試験の対象範囲外となり、テキストリンクを設けているウェブページの試験結果に影響することはありません。一方、ウェブページ上に動画を埋め込んだ場合には、動画はそのウェブページの一部とみなされ、埋め込まれた動画も試験の対象になります。 補足: 動画を含むページが達成基準を満たすことが難しくなるから埋め込むのを止めるという判断もあるかもしれませんが、達成基準を満たしやすいかどうかという観点だけではなく、利用者の利便性も考慮した上で、判断してください。 (2019年9月10日更新)
このQ&Aは、以下のセミナーでの質疑応答に一部編集を加えたものです。
このページのトップへ