外部サービスの埋め込み

QSNSなどの外部サービスが提供する埋め込みコンテンツで、アクセシビリティが確保されていないものを埋め込んでいるウェブページがあった場合、その外部サービスによる埋め込みコンテンツを除外して適合しているかどうか判断することはできますか?
AJIS X 8341-3:2016の「5.1.2 ウェブページ全体」にありますように、「適合」はウェブページ全体に対するものだけであり、ウェブページに埋め込まれた一部のコンテンツや機能を除外することは出来ません。しかし、ウェブサイト運営者や制作者が手を加えることのできないウィジェットを埋め込んでいる場合、「部分適合」という考え方を適用することができます。外部サービスによる埋め込みコンテンツが試験を免除されたり、該当する達成基準を「適合」扱いにできたりするわけではないため、この点はくれぐれもご注意ください。 「部分適合」については、WCAG 2.0 解説書の第三者によるコンテンツに伴う部分的な適合宣言を参考にご覧ください。 (2019年2月6日更新)
このページのトップへ