地図のベストプラクティスは?

Q

目的地までの誘導について、状況に応じてGoogleマップとテキストを併用して実装しているのですが、何が一番良いかと、制作側として悩んでいます。例えば、ハザードマップにおける道案内のテキストでは、建物を主体にするか、それともかかる時間を主体にするか、人によって観点が違うので、どちらの方が伝わりやすいかがわかりません。

A

(植木)それぞれの用途によって対応は変わってくると思います。地図は地図として、視覚的な地図もいいですし、道順などの一覧をテキストで紹介しても良いです。Googleマップなどのサービスを用いる場合は、ズームなどの機能がキーボードで操作できないといけません。それから、お問い合わせできる電話番号などの記載があると、なお良いです。

(石川教授)私は触地図が好きです。何が求められるのかを事前に把握しきることはできないと思いますので、様々な方法を選択できる環境整備が大事になります。

このページのトップへ