規模の大きなサイトの試験対象ページ数

Q

試験対象のページをランダムに選択する際、規模が大きいサイトなどでは試験対象ページ数を増やす必要がありますか?

A

一定の信頼度を得るために必要となる試験対象ページ数は、試験対象となるウェブページ一式の総数には大きく依存しません。WAICが公開している「JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン」に示されている目安を参考に試験対象ページ数を決定して下さい。

例えば、ウェブページ一式の中に一定の比率で問題のあるページが存在すると仮定した場合、ウェブページ一式が1,000ページ、10,000ページ、100,000ページのいずれの場合でも、40ページ程度を対象に試験を行えば一定の信頼度を得ることができます。(問題のあるページを全て見逃してしまう確率はほぼ同じになります。)

このページのトップへ