試験において、miCheckerはどのように捉えれば良いですか?

Q

試験において、miCheckerはどのように捉えれば良いですか?

A

各項目(達成基準、実装方法)について、チェックできるところとそうでないところが明確になっています。機械的に試験できる部分については問題なく使用できると思いますが、人間でなければ判断できない部分については、miCheckerとは別途、試験しなければなりません。

このページのトップへ