試験対象のページの選出理由の妥当性

Q

ウェブページ一式単位で試験を行う際に、「ランダムに選択する」方法を選んでいるにも関わらず、恣意的に問題のないページを選んで試験を実施した上で、準拠と言うことはできますか?

A

ランダムに選択する方法を採ったにも関わらず、恣意的に試験対象のページを選んだ場合、そもそも対象の選定方法が誤っているため、その試験結果は無効です。

補足:試験には、「ウェブページ単位」で行う方法と、「ウェブページ一式単位」で行う方法があります。「ウェブページ一式単位」の試験対象の選択については、JIS X 8341-3:2016試験実施ガイドラインの中で、ランダムな選択方法を含む4つの方法を提示しています。

(2019年11月12日更新)

このページのトップへ