7.3.2.2 ユーザインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準

ウェブコンテンツのアクセシビリティ達成等級
A

実装チェックリストの例一覧に戻る

この実装チェックリストは主にHTML 4.01、CSS2を使用することを前提とした例であり、実際に使用する技術やその使用方法に合わせて、変更して使用することが望まれる。なお、JIS X 8341-3:2010 の細分箇条8.2の表4の例では、すべての達成基準を一つの表として表現しているが、この例では達成基準ごとの表を採用している。統合して一つの表にしてもよいし、そのままの形式でもよい。

また、この例では実際に使用しない可能性のある技術も網羅的に記載しているため、「適用」という欄が設けてある。使用しない実装技術かどうかをこの欄で区別してもよいし、適用欄を使用せず、その実装技術を表から削除してもよい。また、「状況-番号-項目」「関連する実装テクニック」「検証方法」の欄は、この実装チェックリストを理解しやすくするために付け加えたものである。検証方法の欄に実装テクニックの番号だけが書いてある場合には、その実装テクニックの検証(Tests)手順(Procedure)を利用することを示している。



7.3.2.2の実装チェックリスト例
項番 実装方法 適合 適用 試験方法 注記 状況-番号-項目 関連する実装テクニック 検証方法
1 状況の変化を開始する際は、実行ボタンを提供する。
状況の変化を開始する実行ボタンを提供できない場合、状況の変化を引き起こすフォームのコントロールが変化する前に、何が起こるのかを説明する
        1, 2 G80
H32
H84
G13
状況の変化を開始する際は、submitボタンあるいはselect要素とともに実行を指示するボタンが用いられていることを確認する。
実行ボタンが提供されていない場合は、状況の変化を引き起こすフォームのコントロールが変化する前に、何が起こるのかの説明が提供されていることを確認する。

作成者:ウェブアクセシビリティ基盤委員会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This document is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 2.1 日本 License.