達成基準 1.4.12: テキストの間隔を理解する

達成基準 1.4.12 テキストの間隔 (レベル AA): 以下のテキストスタイルプロパティをサポートするマークアップ言語を用いて実装されているコンテンツにおいては、以下をすべて設定し、かつ他のスタイルプロパティを変更しないことによって、コンテンツ又は機能の損失が生じない:

例外: テキスト表記においてこれらのテキストスタイルプロパティの一つ以上を使用しない自然言語及び文字体系では、その言語と文字体系の組み合わせに存在するプロパティだけを用いて、この達成基準に適合することができる。

意図

この達成基準の意図は、利用者がテキストを読みやすくするためにテキストの間隔をオーバーライドできるようにすることである。達成基準の 4 つの箇条書きで規定される各要件は、利用者がテキストのスタイルを自分のニーズに合わせて調整できるようにするのに役立つ。

この達成基準は、行、単語、文字及び段落間の間隔を広げる機能に焦点を当てている。これらの任意の組み合わせによって、利用者がテキストを効率よく読むことを支援できる。また、コンテンツ制作者によって設定された間隔を利用者がオーバーライドできるようにすることで、他のスタイルを利用者が設定できる可能性も大幅に高まる。例えば、テキストを効率よく読むためには、コンテンツ制作者が設定したものよりも幅の広いフォントファミリーに変更する必要があるかもしれない。

コンテンツ制作者の責任

この達成基準は、コンテンツ制作者が全てのコンテンツを指定された基準に設定しなければならないと指示しているのではない。そうではなく、コンテンツ制作者が作成したコンテンツを、コンテンツ又は機能を損なうことなく、それらの基準に設定できるようにすることを指示している。コンテンツ制作者の要件は、コンテンツ制作者の設定を利用者がオーバーライドすることを妨げないことと、そのように変更されたコンテンツが、"間隔のオーバーライドを許可しないことによる影響" の図 1 ~ 3 に示されている方法でコンテンツを壊させないようにすることの両方である。

適用範囲

使用されているマークアップベースの技術が、達成基準の基準にテキストをオーバーライドすることができる場合、この達成基準は適用可能である。例えば、Cascading Style Sheet / HTML 技術は、規定の間隔基準を十分に可能にすることができる。プラグイン技術には、スタイルを規定の基準に変更するための組み込み機能が必要である。現在のところ、PDF はマークアップを使用して実装されていないため、この達成基準は適用されない。

スタイルプロパティの影響を受けず、適応が見込まれないテキストの例は次の通りである:

  • 動画のキャプションは動画のフレームに直接埋め込まれ、関連するキャプションファイルとしては提供されない
  • 文字画像

この達成基準では、canvas でのテキストの実装は文字画像と見なされる。

利用者の責任

オーバーライドされた間隔から意味を読んで導き出す能力は利用者次第である。間隔が広がることがそれらの能力に影響を与える場合、利用者は調整するか、デフォルトの表示に戻すであろう。とにかく、利用者は達成基準で定められた範囲内で間隔を調整できる柔軟性を必要としている。そのような変更は、ユーザスタイルシート、ブックマークレット、拡張機能、又はアプリケーションを介して実現できる。

間隔のオーバーライドを許可しないことによる影響

次の画像は、利用者がこの達成基準の基準に間隔をオーバーライドする可能性を、コンテンツ制作者が考慮していない場合のいくつかの失敗を示している。

切り取られるテキスト

図 1 では、見出しにある "Your Needs" という単語の下部が切り取られているため、そのテキストが判読できない。"We Provide a Mobile Application Service to Meet Your Needs." と読まれるべきである。

図 1: 失敗となる切り取られた縦書きのテキスト
Heading text truncated vertically.

図 2 では、3 つの横に並んだ見出しにあるテキストの最後の部分が切り取られている。最初の見出しは "A cog in the wheel." と読まれるべきだが、"A cog in the whe" と読める。二つ目の "e" は半分しか表示されず、"l" という文字は完全に欠落している。2 番目の見出しは "A penny for your thoughts" と読まれるべきだが、"A penny for your" と読める。3 番目の見出しは "Back to the drawing board." と読まれるべきだが、"Back to the drawi" と読める。

図 2: 失敗となる切り取られた横書きのテキスト
3 side-by-side headings with truncated text.

テキストの重なり

図 3 では、"Technologists Seeking Input from Groups and Programs" という見出しの最後の 3 つの単語 "Groups and Programs" が、次に続く文と重なっている。その文は、"You are invited to share ideas and areas of interest related to the integration of technology from a group or program perspective." と読まれるべきだが、"You are invited to share ideas" という言葉では不明瞭で判読できない。

図 3: 失敗となるテキストの重なり
Heading text overlaps part of paragraph text.

メリット

事例

間隔が達成基準の指標にオーバーライドされた場合:

  1. テキストは切り取られることなく、それを包含するボックスに収まる。
  2. テキストは、他のボックスと重ならずに、それを包含するボックスに収まる。

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

研究

この達成基準の根拠は研究に基づいている。基準値として規定された数値は、McLeish の研究に基づいている。McLeish は 0.04em から 0.25em までテストを行った。McLeish は 0.25 まで実際の資料の読書速度の増加するカーブを見つけたが、それは 0.20 で平らになりはじめた。改善が報告されていない以前の調査では 0.5em ではじまった。まさに平らな地点である。 Wayne E. Dick 博士は McLeish の研究を分析し、要点から翻訳した。Dick 博士は、ワーキンググループが採択した基準を推奨した。

言語とスクリプト

およそ 480 の異なる言語とスクリプトがテストされている。 達成基準によって許容されている最大間隔調整は、次の 3 ページに記載されている。

  1. Languages in their own writing systems
  2. Online Encyclopedia of writing systems and languages – language names
  3. Universal Declaration of Human Rights (Article 1)

結果

悪影響はなかった。具体的な調査結果は次のとおりである:

文字の間隔
単語の個々の文字は少し離れているが、完全なまま残った。
単語の間隔
単語はもっと離れていた。word spacing が適用された単語を含まない言語 (例 : 日本語) では、単語の間隔を適用しても効果はなかった。予想通りである。
行の高さ
行の高さを変更しても、発音区別符号と文字が区別されなくなったり、アセンダ及びディセンダに悪影響が及すこともなかった。

前述したように、間隔を調整してテキストを読む能力は利用者の責任である。これは言語に関係なく当てはまる。

達成基準の例外は、テキストのスタイルプロパティが言語またはスクリプトで使用されていない場合に対処する。そのような場合、コンテンツ制作者は関連プロパティがレイアウトを壊さないことを保証することだけが求められる。

その他の参考文献

達成方法

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

参考達成方法

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準の失敗例とみなした、よくある間違いである。

  • Failure of Success Criterion 1.4.12 due to not allowing for spacing override. (Future technique)

重要な用語

文字画像 (image of text)

特定の視覚的効果を得るために非テキスト形式 (例えば画像) でレンダリングされたテキスト。

注記

テキスト以外の部分が重要な視覚的コンテンツである場合、画像に含まれるテキストは該当しない。

写真に写っている人の名札にある人名。

スタイルプロパティ (style properties)

New

ユーザエージェントによってコンテンツ要素が (画面、音声スピーカー、点字ディスプレイなどを介して) レンダリングされる際の提示のされ方 (フォント、色、サイズ、位置、パディング、音量、合成音声の韻律など) を定義するプロパティ。

スタイルプロパティには、起源がいくつか考えられる。

  • ユーザエージェントのデフォルトのスタイル: コンテンツ制作者やユーザがスタイルを指定しない場合は、ユーザエージェントのデフォルトのスタイルプロパティが使用される。ウェブコンテンツ技術には、デフォルトの提示方法を指定しているものとしていないものがある。
  • コンテンツ制作者のスタイル: コンテンツ制作者がコンテンツの一部として設定するスタイルプロパティ (インラインスタイル、コンテンツ制作者のスタイルシートなど)。
  • ユーザーのスタイル: ユーザーが設定するスタイルプロパティ (ユーザエージェントのインタフェース設定やユーザーのスタイルシートなど)。
テキスト (text)

プログラムによる解釈が可能な文字の並びで、自然言語で何かを表現しているもの。