送信ボタンを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

フォームのコントロールを含むコンテンツ。

これは達成基準 3.2.2: 入力時 (G80: コンテキストの変化を開始する送信ボタンを提供するを満たす方法として十分)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、利用者がコンテキストの変化を明示的に要求できるメカニズムを提供することである。送信ボタンの使用目的は、フォームに入力されたデータを送信する HTTP リクエストを生成することであるため、コンテキストの変化を起こすために使うものとして適切なコントロールである。

訳注

WAIC では H32 に関するアクセシビリティ サポーテッド(AS)情報を提供している。2020 年 3 月版の アクセシビリティ サポーテッド(AS)情報: H32 も参照されたい。

事例

例 1

これは送信ボタンを持つフォームの基本的な事例である。

<form action="http://www.example.com/cgi/subscribe/" method="post"><br /> 
 <p>Enter your e-mail address to subscribe to our mailing list.</p><br /> 
 <label for="address">Enter email address:</label><input type="text" 
 id="address" name="address" /> 
 <input type="submit" value="Subscribe" /><br /> 
</form>

例 2

次の事例では、利用者が要求したページを転送する (action 属性により指定された) サーバーサイドスクリプトを使用している。

 <form action="http://www.example.com/cgi/redirect/" method="get"><br /> 
    <p>Navigate the site.</p><br /> 
    <select name="dest"><br /> 
      <option value="/index.html">Home</option/><br /> 
      <option value="/blog/index.html">My blog</option/><br /> 
      <option value="/tutorials/index.html">Tutorials</option/><br /> 
      <option value="/search.html">Search</option/><br /> 
    </select><br /> 
  <input type="submit" value="Go to Page" /><br /> 
  </form> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

  1. コンテンツ内の全てのフォームを見つける。
  2. それぞれのフォームに、送信ボタン (input type="submit"、input type="image" 又は button type="submit") があることを確認する。

期待される結果

  • #2 の結果が真である。