非テキストコンテンツに対して、それと同じ目的を果たし、かつ同じ情報を示す、短いテキストによる代替を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 1.1.1: 非テキストコンテンツ (十分な達成方法)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、元の非テキストコンテンツと同じ目的を果たし、かつ同じ情報を提示するテキストによる代替を作成することである。その結果、非テキストコンテンツを取り除いてテキストによる代替で置き換えることができ、機能又は情報が失われてしまうことはない。このテキストによる代替は、必ずしも非テキストコンテンツ自体について記述すべきではない。同じ目的を果たし、同じ情報を伝達するべきである。これは、非テキストコンテンツの説明のようになるテキストによる代替をもたらすことがある。しかしながら、このが同じ目的を果たすための最善の方法である場合にのみ当てはまる。

可能であれば、短いテキストによる代替は目的及び情報を完全に伝達すべきである。短いフレーズ又は文ではそれが不可能な場合は、短いテキストによる代替でその情報の簡潔な概要を提供すべきである。併せて長いテキストによる代替も使って情報の全てを伝達する。

テキストによる代替は、非テキストコンテンツの代わりをすることができるべきである。非テキストコンテンツがページから削除され、そのテキストに置き換えられたとしても、そのページが同じ機能及び情報を提供する。テキストによる代替は簡潔で、できる限り有益な情報とする。

代替テキストにどのようなテキストを入れるか決める場合に、以下のような質問について考えるとよい:

非テキストコンテンツがコンテンツを理解する上で重要な文言を含んでいる場合、代替テキストもその文言を含んでいるべきである。画像内のテキストが短いテキストによる代替では収まらない場合は、短いテキストによる代替で説明し、かつ長いテキストによる代替で完全なテキストを提供すべきである。

事例

検証

手順

  1. 非テキストコンテンツを削除する、非表示にする、又は隠す。
  2. テキストによる代替で置き換える。
  3. 何も情報が失われていないことを確認する (非テキストコンテンツの目的がテキストによる代替によって満たされている)。
  4. 非テキストコンテンツがコンテンツを理解する上で重要な単語を含む場合、その単語をテキストによる代替に含めている。

期待される結果

  • 3.の結果が真である。非テキストコンテンツにコンテンツを理解するために必要な単語が含まれている場合は、4.の結果も真であることを確認する。