前期中等教育レベルの読解力をもつ人が理解できるテキストの要約を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 3.1.5: 読解レベル (十分な達成方法)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、複雑なコンテンツの要約を提供することである。要約は元のコンテンツに追加で提供する。

単語及び文章の読解が困難な障害のある利用者は、複雑なテキストを読んで理解するのに苦労する可能性が高い。この達成方法は、コンテンツにおける最も重要なアイデアと情報を短い文章で提供するものである。要約は、元の文章よりも短い文と一般的な言葉を使用しているため、読みやすくなっている。

要約の作成には、次のステップを用いることができる:

  1. コンテンツの中で最も重要なアイデアと情報を特定する。
  2. それと同じアイデアと情報を表現すべく、より短い文章で、一般的な言葉を用いて、一つ以上の段落を書く (段落の数は、元の文章の長さによる)。
  3. 要約の読みやすさを評価する。
  4. 要約を編集する。長い文章を二つに分けたり、長い単語やなじみのない言葉はより短く一般的な用語に置き換えることを検討する。
  5. 必要であれば、3 と 4 を繰り返す。

事例

事例 1: 読みやすい要約をつけた技術記事

技術革新を説明した記事がある。記事タイトルの後の最初の項目には、「要約」という見出しのついたセクションがある。要約の文章の平均の長さは 16 語で (記事中の文章は 23 語)、記事中の技術的な業界用語に代えて、短く一般的な言葉を用いている。要約は、前期中等教育レベルを超えた読解力を必要としない、という読みやすさの方式が適用されている。

検証

手順

補足コンテンツとして提供した要約それぞれについて:

  1. その要約の読みやすさを評価する。
  2. その要約が前期中等教育レベルを超えた読解力を必要としていないこと。

期待される結果

  • 2. の結果が真である。