利用者が許可された値のリストにない情報を与えた場合に、テキストの説明を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

限定された値の入力のみを受け付けるコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

利用者が入力したものがバリデートされ、エラーが検出された場合、利用者がアクセスできる方法でそのエラーの性質を説明する必要がある。一つのアプローチは、利用者がフォームを送信しようとするときに、エラーのあるフィールドを説明したアラートダイアログを提示するものである。もう一つのアプローチは、バリデーションがサーバーサイドで行われる場合、(利用者のデータがフィールドに残っている) フォーム及び、ページの上部にバリデーションで問題があったことを示すテキストの説明を返し、その問題の性質を説明して、問題のあるフィールドを簡単に見つけられる方法を提供するものである。達成基準の「テキストで」の部分は、フィールドのラベルにアスタリスクを付けたり、ラベルのテキストを赤色に変えたりしてエラーがあることを示すだけでは十分でないことを強調している。問題のテキストによる説明を提供すべきである。

入力が許可された値のいずれかでなければならない場合、テキストによる説明によってこの事実を示すべきである。可能であれば、値のリストを含める、又は入力値に最も近い許可値を提案すべきである。

事例

検証

手順

  1. フォームフィールドに無効なデータを入力する。
  2. 問題点に関して情報がテキストで提供されていることを確認する。

期待される結果

  • 2. の結果が真である。