非テキストコンテンツの目的を特定するテキストによる代替を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、達成基準 1.1.1: 非テキストコンテンツ (十分な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、たとえ非テキストコンテンツの完全な機能を提供できないとしても、テキストによる代替を介して有用な情報を提供することである。

テキストによる代替は、時として、オリジナルの非テキストコンテンツと同じ目的を果たせない場合がある (例えば、2 次元で素早く標的を定めるスキルや目と手の協調を開発するためのアプレットなど)。そのような場合に、この達成方法が使用される。この達成方法では、非テキストコンテンツの目的を説明が提供される。

事例

事例 1

  • 目と手の協調を開発するためのアプレットに、「マウスと動く標的を使用して目と手の協調を開発するアプレット」というテキストによる代替が付けられている。
  • 丸いディスクの端を押してリモートカメラを制御し、真ん中のスライダーを使ってズームするカメラのアプレットに、「リモートビデオカメラの照準とズームのコントロール」というテキストによる代替が付けられている。

検証

手順

  1. 非テキストコンテンツを取り除く、非表示にする、又は覆い隠す。
  2. 非テキストコンテンツをテキストによる代替に置き換える。
  3. たとえ機能が失われたとしても、非テキストコンテンツの目的が明確であることを確認する。

期待される結果

  • 3. の結果が真である。